« 限界を超えろ | トップページ | 漢検が今年の漢字を募集している »

いつもあると思い込んでいる場所にそれがない理由

実際は逆の現象の方が圧倒的に多いのかもしれない。無意識に元にあった場所に戻しているというものだが、それが原因で、元にあった場所に戻したと錯覚することがあるかもしれない。

コメントを頂いたのでもう少し考えてみた。

> 何があろうと元あった場所に戻す、というのが鉄則ですが、なかなか守れないものですよね。

よくありそうなパターンが2つ、元にあった場所に戻したのだが何かの理由でそこにない、という場合。他の人が持っていったとか、ちなみに前回書いたのは、いつも入れているポケットに入れたのだが、服を動かすときにそこから落ちてしまった、という可能性が高い。

もう1つは、元にあるべき場所に戻す操作の途中で割り込みが入った場合。誰かに声をかけられたとか電話がかかってきた場合。切符を買って改札に入ったら電車が来るというアナウンスがあって慌ててホームに向かった場合。切符をいつも入れているポケットに入れ忘れてしまうことがある。

預金をおろしてATMの前を離れるときに、後ろに人が並んでいたら、カードを財布に入れないでポケットに入れて、その場を立ち去ることがある、というかむしろその方が多い。財布を出し入れする所を見られたくないからである。

|

« 限界を超えろ | トップページ | 漢検が今年の漢字を募集している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/16981410

この記事へのトラックバック一覧です: いつもあると思い込んでいる場所にそれがない理由:

« 限界を超えろ | トップページ | 漢検が今年の漢字を募集している »