« インタビューで「ライバルは」ときかれて「自分です」と答えるスポーツマンとかよくいるのだが | トップページ | 前四半期のアニメのダビングがやっと完了した »

お祭りの屋台の綿菓子が1個300円、2個だと500円で売っている理由

2本だと袋入りになっていて500円。割安のように見えるし実際そうかもしれないが、すぐ食べるので袋は不要。で、袋はいらないので2本くれと言って、500円ですよね、と念を押してみると「少し小さめになりますが」という返事。量にうるさく言うような食べ物ではないからそれは別に構わないが、黙って少し小さく作ればいいのに、わざわざそれを言うところが正直さんで面白い。神社の前だからかもしれない。

確かに 2個と書いてあるけど、1個のときと同じサイズだとはどこにも書いてないのである。というか、手渡している綿菓子をどう見ても、これが袋の中に2個入っているとは思えない。

しかし1本300円というのは高いのではないか。町内のお祭りのようなのだと100円だから、それ以上のところは人件費ということか。ショバ代とか。もっとも、他の屋台とかも軒並み300円、2つで500円という価格設定のようだった。

|

« インタビューで「ライバルは」ときかれて「自分です」と答えるスポーツマンとかよくいるのだが | トップページ | 前四半期のアニメのダビングがやっと完了した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/16836188

この記事へのトラックバック一覧です: お祭りの屋台の綿菓子が1個300円、2個だと500円で売っている理由:

« インタビューで「ライバルは」ときかれて「自分です」と答えるスポーツマンとかよくいるのだが | トップページ | 前四半期のアニメのダビングがやっと完了した »