« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

月末ということで業務連絡

例の場所にぺたの用意をしました。くれぐれもフライングにはご注意ということで。

ちなみにROM墓場(本家)の過去ログを全部持っている人っているのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰り道2度ほど道路上にゴキブリがいるのを見たのだが

普通は家の中にいるものである。もちろん、バルサンとか焚いたらあぶりだされるのかもしれないが、この深夜にそういうことをする人がいるとも思えない。1晩に2匹というのは今までになく多いのだが。

地震でも来るのだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

So-net で BlogCruiser スタンプラリーキャンペーンをやっているのだが

与えられたヒントでブログを探して、そのブログのスタンプボタンをクリックしたらスタンプget、ポイントがたまるという仕組みなのだが、なぜか So-net の検索に行ったまま戻ってこない(※実は3分ほどかかって戻ってきた)。

こりゃだめだ、と思ったので、ヒントに書かれていたブログ名を google で探したら1秒未満で発見できた。これって反則なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレ玉の放送が30分ずれている

02:00から桃華月憚とアイドルマスターXENOGLOSSIAが重なっていて、後者が録画予約できなかったのだけど、30分ずれてくれたので今録画しているところ。

最近の HDD レコーダーだと、こういう場合にも対処できるのだろうか? 時間がずれて録画可能なときだけ録画するとか。同時に2番組を録画できれば問題ないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像は気分はブルーということで

おまけ画像【謎】

Dsc02809

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像でも入れておかないと書く時間がなかったりするので

ちょっと前に撮影したもので、So-net の夏の思い出だっけ、応募しようと思ったら締め切りすぎてしまったという画像をこちらに。

Dsc02680

どうみてもひまわりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

まだまだアルキメデスの原理の話は続く

どこまで引っ張れるのかもはや謎だが、問題文が話題になってきたので調べてみた。図とかサクッと省略すると、このネタは世田谷学園中入試問題で、正確な問題文は次の通り。

図のように、金に銀が混ざった王冠と王冠と同じ重さの純金のかたまりを用意し天びんにつるしたところ、天びんはつり合いました。この王冠と純金のかたまりを完全に水中に入れるとどうなりますか。

その後、3つの選択肢がある。選択肢の中には「両方とも浮く」とか「爆発する」のようなものはない。つりあうか、どちらかが下になるか、という3つから選択することになる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

深夜1時頃に電話がかかってきた

暫くお互いに無言。 その後相手が「○○○?」と言ったので「もしもし」と言ったら謝って切った。 女に電話したつもりらしいので間違い電話なのだが、

こういう電話かかってきたら、 「丘か?」と言おうとしていつも忘れるので実行できない。 なぜだろ。

1. 実際に電話受けたときの対応がパターン化されていて、 大脳で考える余地がない。

2. しかもその後「コーチ」と言われたら何と返せばいいのか全く考えてない件。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

32kbps という世界

東京はブロードバンド化されているというのが無線LANの普及具合で何となく分かった。 大阪もかなり無線LANスポットが増えているのだが、 今回行ったところでは殆ど遭遇しなかった。 もっとも、新大阪駅はかなり前から使えたはずなのだが。

それで結局 32kbps で Air H" を使ったのだが、 画像の使われ方が1年前とはかなり変化していると思う。 サイトを作る側も、10Mbps 以上を想定した作りとか、 そのような割り切りで作っているのではないか。 いくつか、これはもう無理だと思って挫折したページもあった。 広告、宣伝の類、大きな画像などが先に出てくるので、 目的の情報が得られなかったのだ。

特にネットショップ系の場合、 検索はある程度、文字だけで絞り込んで、 その後小さ目のサムネイル、 詳細を選択したら少し大きな画像、 という古典的なパターンがやはり威力を発揮するようだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

So-net ガラガラ福引が当たった

Air Edge だから大丈夫なのかという位表示に時間がかかったが、その甲斐あったのか、何度やってもハズレばかりだし、本当にあたりがあるのか、と思っていたらいきなり黄色い玉が出た。「特賞おめでとう」という派手な画面である。

特賞といっても QUO カード 500円分なのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HTML (XHTML) valid でないページは多いというか殆どそうなのだが

このページはできる限り valid になるように努力しているのだが、たまにタグを閉じ忘れたり & を直接書いてしまったりしてエラーになることがある。では、有名なサイトは一体どの程度できているのだろうか?

w3c のサイト ( http://validator.w3.org/ ) は、何と validate できなかった。特殊な事情らしいが、ソースをテキストにして直接指定すると、当然のことながら valid という結果である。他に、昨日 IRC で調べたところは、有名どころが軒並みエラー。数はこんな感じ。

33 http://www.google.com/
34 http://www.microsoft.com/japan/
46 http://www.samsung.com/jp/
158 http://www.ebay.com/
256 http://www.nifty.com/
258 http://www.rakuten.co.jp/
467 http://www.yahoo.co.jp/

さらに、上には上がいた。

1419 http://www.amazon.co.jp/

やはりアマゾンはすごいのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ココログのレスポンスがかなりひどい状況だと思うのだが最近そういう声を見ないのは皆さん慣れたからだろうか

いや、もしかして私だけですか重いのは。[保存]したときに、処理が戻ってくるまでに10秒は余裕でかかっている。この記事を投稿するときに計ってみてコメントに書いておく。

ココログのレスポンスに関しては、「ココログレスポンス問題お知らせブログ」というブログがあるのだが、ここのブログがまた放置状態で、ヘンなトラックバックがそのまま残っている。最新の記事は2007年4月4日付けになっているのだが、21日現在、この記事に対して公開されているトラックバックが、次の5つだ。

2007-08-09 cheap auto insurance online [cheap auto insurance online]

2007-08-11 viagra online [viagra online]

2007-08-16 Manchester hotels [Manchester hotels]

2007-08-27 poker tournament tracker [poker tournament tracker]

2007-09-20 jogo poker online [jogo poker online]

これがココログレスポンス問題とどのような関連があってのトラックバックなのか謎だが、ココログはトラックバックを保留する機能があるのだから、意図的に公開しているのかもしれない。私の見る感じでは、大量無差別トラックバックにしか見えないのだが、ココログのスタッフには何か思惑があるのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テレ玉も放送中止~

要するに全滅。

2007092101

どうせなら音声だけでも放送するとかしたら面白かったかもしれない、 って余計に苦情が来そうだが。 とにかく、そんな物凄いシーンがあるのか、 と思うとどうも落ち着かない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

飲酒運転がなくならない以上、飲酒運転撲滅運動は意味をなさない

ふ「元ネタは「こぐまねこ帝国のブログ | 飲酒運転」です。

1.人は酒を飲むと酔っ払う。
2.酔っ払うと正常な判断が鈍る。
3.正常な判断が鈍ると飲酒運転をしてしまう。
4.よって人が酒を飲む以上は飲酒運転はなくならない。
5.飲酒運転がなくならない以上、飲酒運転撲滅運動は意味をなさない。

U「このロジックのどこが間違っているのか、というのですが、

ふ「最初から見ていきましょう。まず1.

1.人は酒を飲むと酔っ払う。

ふ「人でなくても酔っ払う説。

U「オレ酔わないさ、という人いますよね。

ふ「実際、傍目から見ていると酔っているようには見えない。 それに、酔いというのは個人差が猛烈にあるはずなのに、 なぜ酔っ払いとそうでないという2値で単純に判定できるのか、 というのも分からない。

U「多値にして複雑になっても、しようがないでしょう?

ふ「実際は酒気帯びとか、飲酒とか、あるいは泥酔とか、いろいろレベルがありますね。

U「まあとにかく、いきなり1からそうきますか。

ふ「さらに言えば、飲まないのにどう見ても酔っ払っている人いますね、たまに。

U「いるいる。

2. 酔っ払うと正常な判断が鈍る。

U「これなんかもっとスゴイよね、明らかにシラフなのに信号無視する奴いますよね。

ふ「それは実は正常な判断なんですね。 まあ確かに正常なときの方が危ない奴いますね。

U「邪悪な判断も鈍ると。

3.正常な判断が鈍ると飲酒運転をしてしまう。

ふ「いや私は何度も酒飲んでますが、 一度も飲酒運転したことないですよ。

U「車の運転もしたことないですよね。

ふ「教習所の中なら結構運転しました。 いや、路上もやったけどね。免許とってからは一度も運転してないですね。

U「そりゃ運転できないから運転しないという話で、飲酒運転とは関係ないのでは?

ふ「でも、ゴールド運転免許持ってますし、リッジレーサーでスーパードリフトとかできますよ。

U「路上でやらないでくださいよ、スーパードリフト

4.よって人が酒を飲む以上は飲酒運転はなくならない。

ふ「あー、これは簡単に反論できますね。 例えば、どんなに人が酒を飲もうが、 地球上から自動車を殲滅してしまえば、完璧に飲酒運転は0件になりますね。

U「車ががなければ、運転できませんね。 でも宇宙では…

ふ「あと、飲んだら乗れなくする方法とか、いくらでもありますよね。 飲んだ途端に監禁されて、酔いが覚めるまで店外に出てはいけないような社会にするとか。

U「そりゃ社会的に不可能だと思うけど、論理的にはどうだろ…

ふ「もっと画期的なアイデアもあります。

U「何ですかそれ?

ふ「飲んだら3分で完璧に酔いが覚める薬を開発するのです。 これで万事解決です。

U「をを、それはスゴイ

ふ「日本の製薬技術を駆使すれば発明できるはず。 名付けてヨイサメール

U「名前はどうでもいいです。 メールみたいだし。

5.飲酒運転がなくならない以上、飲酒運転撲滅運動は意味をなさない。

U「これが一番面白いですね、 ていうか、だからこの記事書いているのですが、

ふ「全然関係ないけど、最近、撲殺天使ドクロちゃん観ました。 あれスゴイですよね、オープニングから。 事件の影響を考慮して詳細は書きませんが、 何か「撲」という字を見ると連想してしまったのですが、 てなわけで、他にいろいろ考えてみてください。

U「バグがなくならない以上、デバッグは意味をなさない。

ふ「いいねー。セキュリティホールがなくならない以上、Windows Update は意味をなさない。

U「update してもホールがあるから。

ふ「違法行為がなくならない以上、法律は意味をなさない。

U「でも法律なくしてしまったら、違法行為もなくなってしまいますよ。

ふ「戦争がなくならない以上、平和運動は意味をなさない。

U「大抵の戦争は、平和のために戦っているんですよね。

ふ「少なくとも片方はそう主張していると思います。両方がそう主張しても、 別におかしくはありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルキメデスの話の蛇足をしてみよう

ふ「ということで、なぜか書評で出てきたアルキメデスの原理の話ですが、 ヘンな前提条件が問題に出ていないということでイチャモンを付けてしまいました。

U「金や銀が水よりも重いということが問題文に書かれていない、 というアレですか。

ふ「流石に子供でも金や銀が水より重いというのは周知の事実でよいのではないか、 ということで合意したいのですが、 よく考えてみると、もっと重要な前提条件が抜けていることに気付いたのです。

U「また何かややこしい話をするつもりですか?

ふ「この問題、金と銀を混ぜた王冠を想定していると思うのですが、 問題文には、同体積の金は銀よりも重い、ということしか書かれていませんでした。

U「それで?

ふ「同体積の金が銀よりも重いという前提条件があるとして、 同体積の金と銀の合金は、金よりも軽い、ということは自明なのでしょうか?

U「そりゃ普通に考えて、 金を1kgと銀を1kgあわせたら、金と銀の体積を足した体積になりますから、 全部金のときよりも体積は多くなって、つまり同体積あたりは軽くなっている筈だと

ふ「そこですよ、金と銀の合金は、 あわせる前の金の体積と銀の体積を足した体積にになっているのですか?

U「はて、なりませんか?

ふ「では問題をちょっと変えてみます。水100ccと砂糖100ccがあります。

U「あーはいはい、言いたいことは分かりました。

ふ「中途半端ですがよく分からないのでこんな所で終わってしまう罠。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今時の子供たちは「戦争を知らない子供たち」を知らない子供たちのような気もする訳だが (2)

今時の子供たちは「戦争を知らない子供たち」を知らない子供たちのような気もする訳だが」の続き。 今日、ブログに何も書く時間なさそうなので、これ掲示して発言したことにしておく。

Java のプログラム書けるようになるにはどの程度かかりますか、 という質問をよくされるのだが、 個人差が100倍ほどありそうで難しい。 売り物になるようなプログラムをJavaで書けるようになるには、 全く何も知らない人なら、センスが抜群によい人で、死ぬ気で勉強して1年、 同じくC言語とか熟知している人なら3年はかかるのではないかと思う。

C言語知ってるとなぜ余計にかかるかというと、 特に非オブジェクト指向言語に熟練してしまうと、 逆方向の発想に洗脳されてしまうというか、 Qwerty で打てるので Dvorak 覚えられないみたいなのがあって、 いろいろ頭の中から消してから作らないといけないことがあるので、 かえって時間がかかりそうな気がする訳だ。

まあでも一番ひっかかるのが 80386 の話。

現在の主流CPUであるPentiumやCoreDuoシリーズなど、全てのCPUの元祖ともいえるのが80386です。

そうなの? いや、8080まで戻れというつもりはないけど。 far と near が出てくるだけでも 86 系はちょっと拒絶反応が…。 そこが重要なんだという趣旨なら、まあそういう考え方も否定しませんけど。 どうも体が勝手に。

80386を理解することは現代のCPUを理解するということであり、 これを理解しないままマルチタスクOS上で動作するプログラムを書くことはほとんど自殺行為です。

マルチタスクOS書くのならともかく、 マルチタスク上で動作するアプリケーションを作る時にもマルチタスクを意識しないといけない というのは OSの設計が何か根本的な所で間違っているような気がする のだけど…まさかWindows 3.1…いやいや、 それは忘れることにして、

その昔というか、 80386 が出てきた当時、68000 系 (68030?) とかに比べると、 8086 系の CPUってダサいというか、 それは現実的なのかもしれないが、 当時の他の CPU の中では一番ドロドロしたアーキテクチャーだったような気もするのだが、 現実というのは恐ろしいもので、 汚い机の方が作業がはかどってしまうというか、 68系の CPU はそういえば見当たらないか。 それに、8086 系の CPU が今も健在なのは事実だ。

ただ、それって単に Windows が 80386 系の pc で動いていた、 というだけの話じゃないかと思う。

もちろん、86系以外の CPU が駆逐された訳ではなく、 実際、今でも使われている。 例えば、PlayStation と PlayStation2、 何だゲーム機かと言われそうだが、中身はパソコンというか、 部分的にはそれ以上の才能も持っている訳で、 これらに使われているのは R3000 系の CPU。 それぞれ1億台以上を出荷しているから、 R3000 系の CPU を使ったコンピュータだって、世の中に少なくとも2億台はある訳だ。 まあ2億なんて微々たるものだと言われたら、 そうなのかもしれないですけど。

(ちなみに、最近の携帯電話って、CPU何でしたっけ?)

R3000 なんてどうでもいいと言われたらそうなのだが、 ついでに書いておくけど、 遅延分岐のような「なんじゃそりゃぁ」系の面白い命令があったりして、 実際面白い。 そんなの知っていて Java のプログラミングに役に立つんかいな、 という話なのだが、 大外ししてしまうかもしれないけど、 いつだったか、RDB にアクセスする処理で、 どうも時間がかかってそこがボトルネックになっているような気がしたので、 ていうかそういうアプリは RDB がボトルネックになることが普通にあるものですが、 とりあえず何を考えてそうしたのか知らないけど、 JDBC の呼び出しの所に少し待ちを入れてみたら、 全体が速くなった、ということがあった。 あーこれは外したね。すみません。 でも、何となくそこにウェイトを入れたら全体が速くなるような気がしたんだ。

そういえば、 PS3 は Cell プロセッサという化け物 CPU 使ってますね。

RISC ももちろんだが、 Pentium なんてのは命令のキャッシュのヒット率をどうやって高めるかというのが最大のアレなわけで、

エンジンの最低限の仕組み、自動車が走り、止まり、曲がる最も基本的な仕組みを理解せず、 材料の知識もなく、熱設計もサスペンションも見たことが無くて、エンジンの分解・組み立てもしたことがない人が、 NC工作機械とCADソフトの前だけで自動車の全ての部分を設計するとしたら脅威というより恐怖です。

この命題だけなら 激しく同意したいな。 禿同というらしいが。 ただ、自動車の全ての部分を一人で設計する人って居るのか、今時?

例えば自動車のオプションというか今では必須なんだろうけど、 カーナビの設計担当の人が、 エンジンの分解、組み立てができないと仕事にならないかというと、 当たり前だが No に決まっている。 逆に、サスペンションとかフレームを設計する人が、 ABSを動作させるための組み込みソフトウェアまで理解していないといけないかというと、 そんな訳ないような気がする。

それよりも今重要なのは、 ロボットの操作ではないか。 手作りの車なんて今では絶滅種に近い。 車を作っているのはロボットですから。 何か Java 書くんだったら Eclipse に熟練しろと言ってるみたいで爽快だな。 メモリは1GB以上積んでおくんだぞ、みたいな話?

弊社の入社試験には必ず論理回路の問題が出てくるくらい

カルノー図とか出てくるのかな? カルノー図知らなくてもプログラムは書けますか。 そういう細かいことたくさん知っていても、 and と or をうっかり間違えるし、 さっきも compare(hoge1, hoge2) と書いたつもりの所が compare(hoge2, hoge2) になっていて、 なんじゃこりゃぁぁ、と思わず叫んだ所だ。 現実世界というのはそういう所だ。

プログラミングで重要な裏技というか、 表技かもしれないけど、デバッグ技術というのがありますが、 あれはマシン語と関係あるのかというと、 ICE 使ってデバッグとかした人なら「大有りだよ」と言うのかもしれない。 さっきも書いたような気かするけど、 CPU のレジスタの中身を見てデバッグしないといけないような API があったとしたら、 そりゃ API が何かおかしいんじゃないか、 という気もする。 いや実際おかしい API は世の中にいくらでもあるのだが。

デバッグプリントは9600bpsのシリアルポート経由で表示されるので、 毎フレーム表示しようとすると確実に処理速度が落ちます。

そういえばシリアルポート知らない人いるんじゃないか、最近。 昔はパソコン通信とかモデムとかあったから誰でも知ってたけど。

で、クリティカルセクションがアレでタスクスイッチが、 とかいう話が書いてあるのだけど、 そうじゃなくて単に

ふつー、デバッグプリントすると遅くなる

という安直な経験的知識持っていれば済む話ではないだろうか。 脳内コンパイルすら必要ない。 必要なのは、天使のささやきに気付くだけの些細な観察力だけだ。

しかしこの箇所、もっと重要なことが出てきますよね。

偉そうに言っていたパフォーマンスの1/100もでないぞ

最近あった何人かのプログラマーに、 この論点がすこし欠落していたような気がする。 つまりその処理にどの程度のパフォーマンスが出るのが普通なのかが分からないのだ。 つまり、それが本来の1/100の速度しか出ていない、 という事実にそもそも気付かなかったりするのだ。

マシン語を知っていると、 大雑把にそういう所も概算できるようになる。 CPU クロックが 1.8GHz だと、1秒間に最大何命令実行できて、 このサーチには何命令かかりそうだから、1秒間に何回サーチできる、 みたいな計算ができるのだが、 例えば、未照合のデータが5000万件あるとして、 照合するのに何秒かかるのか、というような計算は、 実際に運用するためのプログラムを作るときには必須に近いものだ。 これが計算できないと年金が宙に浮いたままになってしまうから大変だ。

秒じゃ無理っぽいけど、 未照合のデータの突合せをDB経由でやるなんてのは、 命令サイクルが分かっていても計算できそうにないが、 例えば、1件が1msで処理できるか、それとも1秒かかるのか、 みたいなことはおよその目安で知っていた方がいいような気がする。

(終) 前の記事からリクエストしたトラックバックは無視されているようだが一応書いておく、元ネタは「マシン語を知らない子ども達」。引用は同ページより。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

昨日のTVのクイズ番組は絶好調だった

もう問題よく覚えてないので書かないが、算数の問題で角度を答える問題。135度という答えを3秒で当てた。勘だけど。多分受験勉強をやった人なら当てることができるのではないか。

あと、「と○と○」だったと思うけど、この問題の答は当然として、ゲストが「とっとり」と間違えることを当てた。あと何か忘れたけど、問題が出る前に問題を当てた。って何だ最近記憶力ないというのは実感していたが全然覚えてないというか、思い出す気力がないなぁ。

双璧も分かったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメで撮影できる写真の種類は有限である

デジタルだからそうなってしまうのだが、例えば24ビットのカラーだと、1ピクセルあたり 16777216 種類の色から1つを選択することになる。これが仮に800万画素あるとすれば、全組み合わせは 16777216の800万乗。これは数学的には有限の数であって、無限ではない。

試しに 16777216^8000000 を google で計算してみたら、普通に検索に行ってしまった。計算を拒否されたようだ。Windows の電卓だと「無効な値です」と表示された。

同じような発想として、メモリ空間が4GB使えるプロセッサがあるとする。このプロセッサにオンメモリで実行できるプログラムの数は有限である。1バイトあたり256の値しか取れないのだから、メモリの初期値として、値を入れることのできる種類は、256の4G乗。あと、レジスタの値とか、最初に実行するアドレスとか、その他の情報もあるとしても、やはり組み合わせは有限になるはずである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

書評: モノづくりで150億円を生む独創発想術 (2)

U「本題に戻りましょうよ。

ふ「ニュートンの場合は、 外でほけ~としていた時に

U「ほけ~?

ふ「 この本には「ボケッ」と書いてありますね。 ご存知のように、 ニュートンはそのときりんごが落ちるのを見て大悟したと言われています。

U「違うだろ

ふ「この種の逸話はいくらでもあるのですが、 共通する特徴があります。 発明には観察力が重要だ、というのは異論なきところでありますが、 観察力だけではなく、ひらめきも必要だというのもよく言われることで、 ではどうすれば発明的なひらめきが得られるのか。 それは、一所懸命考えて悩んだりするのではなく、 考えないでほけ~とした状態になることが重要なのですはないか。 この本に、 どういうときにひらめくか、という調査の結果がこんなのだったと書いてあります。

意外にも、「考えに集中していたとき」という回答は少なく、むしろボケッとして無意識状態にあったときというのが圧倒的に多かった。

(p.180)

U「無意識ってことは、考えるとむしろひらめかない、と?

ふ「アルキメデスは風呂でゆったりしていた。 ニュートンは野原でごろごろしていた。 これは偶然ではないのです。 実は、そのようなほけ~とした状態になることこそが、 発明・発見には不可欠な必須条件ではないか。

U「エジソンは99%の努力とか言ってますが

ふ「99% of perspiration ですね。 もちろん99%の努力は必要です。 普通に解釈したら、発明は殆ど努力によって達成できるということなのですが、 ただ、99%というのは、それだけではダメだということでしょ。 つまり、99%の努力だけでは発明できないことを、エジソンも理解していたのです。 残りの1%は何か

U「inspiration ですね。

ふ「努力はある意味簡単ですよね、 努力しろと言われてできない人はいないですから。

U「いるだろ

ふ「まあ実際はしないとしても、 やり方は分かっているはずです。 しかし、inspiration が必要だと言われても、 どうすればひらめくのか、というのが分からない人は大勢いるのではないか。

U「それで常識を捨てろという話になったのですね。

ふ「途中で携帯電話の話出てきますね、例によって電車の中で使っている、やかましいという話。

U「p.119 ですね。

車掌の再三のアナウンスにもかかわらず平気で携帯電話を使う客だ。

ふ「私の知る限り、車掌の方がやかましいので車掌を何とかして欲しい。 何で携帯電話を電車の中で使ってはいけないのか、 という所にもし疑問を感じていないとしたら、ちょっと著者がうっかりしているような気もしますが、 とりあえず電車内のマナーという観点で考えますと、 携帯電話だけでなく、 大声の会話は全部禁止して欲しいですよね、 特に酔っ払いのオヤジのエロ話はヤメロ。

U「なぜそこまで絞込みますか

ふ「電波の問題で言ってるのだとしたら、 私の妄想ですが、多分、 世の中にはペースメーカーが誤動作するとかいう都市伝説に洗脳されている人も多いと思いますが、 ソレはソレとして、 具体的にナニをするのかこの本では少し内緒になっているのですが、 ぜひこれは鉄道会社に実現して欲しいのが、 電車内にアンテナ付けるという特許。

U「なにそれ、電波が危険なのにアンテナ立てるんですか?

ふ「海外では放射線が出る説もある。

U「放射線は流石にアレだけど住民投票でアンテナ禁止が可決されるというのが民主主義だよな

ふ「まあともかく、電波が危険といっても、実は危険なのは強い電波なんです。 一般に、電波が弱くなればなるほど、周囲の機器への影響も少なくなります。 確か携帯電話は、電波が届かないとだんだん強度を上げて接続を試みる、みたいな仕組みがあった筈なので、 電車の中という短距離で届けばいい環境なら微弱な電波でも通信できるはずだというところに目をつければ、 微弱な電波をうまく使うように工夫することで、 電池の持ちもよくなるし、 地下鉄なんかだと駅でない所でも電波が切れなくなるし、 かなりいいことが多いんですよね。

U「地下鉄って駅以外ではぶち切れまくりますからね。

ふ「でも、この方式には一つ欠点があります。

U「設備投資が必要ってことですか?

ふ「いや、よっぱらいのオヤジの大声の会話が防止できないんですよ。

U「あのね、できるわけねーだろ、そんなの!

ふ「ところがだ。 実は既に、実現可能な方法を発見したのです!

U「えええっ、まさか

ふ「じゃーん、これだっ。

U「こ、これは…

ふ「密閉型ヘッドホン!

U「_| ̄|○

ふ「ノイズキャンセラ付きのヘッドホンとか試してみたこともありますが、 確かに軽減するような気もするのですが、効果がいまいちのような気もしました。 ところが、これはどうです、周囲のノイズがかなりの効果でシャットアウト!

U「そりゃま、密閉してるもんな。耳塞いでいる訳だし。

ふ「携帯電話やウォークマン【死語?】の騒音はもちろん、 酔っ払いのオヤジの会話にも絶大な効果があることが検証されており

U「胸張って自慢するような発見じゃないですよ、 ていうか、でも流石に特許は取れないでしょ、既に製品なんだし。

ふ「そうなんですよ、つくづく残念であります。 ということで、長くなりましたので、今回はこれで。

U「書評を書けよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

書評: モノづくりで150億円を生む独創発想術 (1)

モノづくりで150億円を生む独創発想術 中西幹育 著 プレジデント社

「ひらめき」とは何か発想力の養分のようなものがあって…

(p.38)

ふ「皆さんこんにちは。 150億円なんていうから、マルチ系のビジネスとかの話かと思ったら、 要するに発明して特許とれ、という本です。

U「要約しすぎです。 あ、私は相方のUちゃんです。

ふ「もう少しいいますと、特許を取れるような発明を実現するにはどうすればいいのか、 という話を多少具体的に書いてあるのです。 発明しろと言われても簡単にできる話じゃないから、 実際に発明して特許を取った経験を紹介して、 こういうことをすればいいんじゃね、という本です。

U「なるほど、ちなみにどうすれば?

ふ「余談ですが、デバッグの極意というのがあります。 口伝扱いなのですが、 こっそり教えましょう。

U「そりゃまた唐突ですが、極意というからにはスゴイのを期待していいですか?

ふ「もちろんです。一つ質問ですが、デバッグにハマって先に進めないというか、 どうしても原因が分からないということがよくありますよね?

U「(よくあるのか…)

ふ「そういう時にどうすればいいかというと、いろいろ悩んだりしないで、 放置するという手がある。

U「放置?

ふ「さっさと諦めて別のコードを書くのです。 ソフト開発、どうせ作業項目はたくさんあるでしょ。 そんな所でひっかかってたら効率がよくない。

U「でもバグ放置はヤバいでしょ、駆除しないと。

ふ「そこで秘伝なのですが、別のコードがとりあえずできたところで、 先ほどのバグのデバッグに戻るのです。

U「そんなことしたら余計に時間かかりませんか?  前回のデバッグでいろいろ考えたことを忘れてしまうじゃないですか。

ふ「それがポイントなんですよ。 いろいろ考えるということは、 検証されていない仮説とか、 関係ない事実とか、 実は邪魔な情報がたくさん脳内にキャッシュされた状態になっている。 しかも、その状態ではなかなかバグが取れない。 これを一旦クリアした方が、 実は効率が良い。

U「もう一度最初から考えることになるのでは?

ふ「実際やってみてください。 最初から考えて全く同じようにハマるかどうか。 経験的に、そうでもないのです。 てなわけで、本題に戻りますと、

U「本題って何だっけ?

ふ「発明のコツですよ。

U「忘れてた。

ふ「それがコツです【違】。 てのは冗談ですが、 さて、この本にはアルキメデスとニュートンと、さらに著者の例が紹介されています。

U「アルキメデスは有名な逸話がありますね。

ふ「純金のはずの王冠に銀が混ざっている疑惑がでてきた。 実際どうなのか判定しろと命じられて、 ハマってしまった。 しょうがないから風呂に入ってのんびりしていたら、 突然ひらめいた。

U「その後、裸で外に飛び出して逮捕された。

ふ「迷惑防止条例違反ですね。 まあ後世の脚色という説もありますが、 最近、確か日能研の電車広告の問題に、これが出ていました。 王冠を、同じ重さの純金とつり天秤にかけて釣り合った状態にする。 これを水の中につけると、天秤はどうなるか。 ただし「同じ体積の金は銀よりも重い」 のような条件が書いてあります。

U「中学入試問題ですか。 ま、簡単ですよね。 もし王冠に銀が混ざっていたら、 同じ重さでも体積が大きい。 だから水に入れたら浮力が大きくなってバランスが崩れて、 王冠より純金が下がる。

ふ「中学入試なら、それで正解でしょうね。多分。

U「はて、これどこか間違ってますか?

ふ「この話はどうですか。 王様が木曾檜で王冠を作るように命じた。 出来た王冠、本当に木曾檜なのだろうか、中身が合成樹脂のような気もする。 さて、ここにその王冠と、同じ重さの木曾檜があります。 以下同文。

U「いやそれは、 言いたいことは分かるけど、金や銀は水より重いでしょ。

ふ「そんなことは問題のどこにも書いてないですけど。

U「当たり前、というか金属が水より重いのは常識じゃないですか!

ふ「ナトリウムは金属ですが水に浮きますよ

U「ナトリウムで王冠作るバカがどこに…ていうか作っても水に入れないでくださいよ絶対に

ふ「ナトリウムはともかく、 金が銀より重いというのは常識ではないのですか?

U「いやまあ小学生の知識ていうか、純金とか純銀って、 手に持ったことある人ってそんなに居ないんじゃないか? まして小学生だと。

ふ「そういわれてみると、金貨とかないと分かりにくいですね。 まあでもここで言いたいのは、 まず「金は水より重い」というような常識を捨てないと発明はできないんじゃないか、 ということなんです。

U「なるほど、そういう話が出てくるのですか。

ふ「いや、この本には出てこないけど。

U「_| ̄|○

ふ「あれ、どうかしましたか?

U「書評なんだから本に書いてあることを書いてよ。

ふ「いやまあ余談みたいな。

((2) につづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自転車がたくさん停めてあるところに自転車が突っ込んで転倒

かなりスゴイ音がしたので思わず振り返った。数日前のことなのだが、そういうシーンを目撃したので、ブログに書こうと思いつつ、pcの前にきたら忘れる、というのを何度も繰り返した。たまたま、今覚えているので、メモのつもりで書いておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首相降板で次の総裁が麻生氏の可能性が高いという理由でアニメ株が高騰したようだが

昨日は反動で急落したが、それでも辞任前よりは高い値段で終えている。麻生氏がアニメに理解があるというのは分かるのだが、アニメ省を作るとか、税金を注ぎ込んで日本の主要産業として定着させるとか、そういう話がある訳でもないし、理由と結果にしては間が飛びすぎていて、風桶理論的な感じがしないでもない。

まあそれはそれとして、そうなると気になるのは総裁選である。総裁選で麻生氏が選ばれた場合、直後にまたアニメ株が高騰するのだろうか、もしそうだとすれば、買いのタイミングはいつか、というあたりだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

書評: Windowsプログラミングの極意 歴史から学ぶ実践的Windowsプログラミング!

例によってまだ読んでないのだが書評というタイトルにしてしまうという暴挙。 ただし買ったので、読んだら何か書く予定です。

こういう本はどうなのだろう、 歴史に学ぶというのが単なる語呂合わせなのか、 本当に歴史が出てくるのか、というのが気になる訳ですが、 歴史に学ぶというのは結構難しい。 「ふーん」で終わってしまったら、 何の意味もない。 つまり、それを現在の状況にどう生かすかという話につなげる必要があるのだが、 まあでもそーいう本ではなさそうだ。これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今時の子供たちは「戦争を知らない子供たち」を知らない子供たちのような気もする訳だが

IRC で紹介してもらったので折角だし思ったことを書く。 そういえば私は 「戦争を知らない子供たち」を知らない子供たちをあまり知らないのでは、 とか思ったが、 そんな所でスタック積んでも仕方ないので、 推敲する暇もないし、 以下全部酔っ払いのタワゴトだと思ってくれて構わない。 全然飲んでないけど。

元ネタは「shi3zの日記 - マシン語を知らない子ども達」であります。

当然のことながら、プログラムというのは、マシン語を理解して初めて「書ける」と言うのです。

昔あったげな。 20年ほど前ってか、そういう時代がありました。 その後、茶色い戦争とかあって、 ゆよーん、やよーん、てな感じでね。 いろいろありましたよ。

極論と本人が書いておられるので別に突っ込む必要もないが、 これは極論というより単なる本末転倒だと思う。 プログラムをちゃんと書けるプログラマーなら、 仮にマシン語なんか知らなくても、 既にマシン語を理解しているのと同じレベルの知識を持ち合わせているからだ。

マシン語というのは、 プログラミングに必要な知識の中から、 最低限のエッセンスだけ抜き出したようなものだ。 従って、マシン語が理解できないようなレベルの人が、 まともにプログラムを書ける訳がないし、 プログラムをきっちり書けるだけの技能が身に付けていれば、 マシン語なんて勉強していなくてもそれ以上の知識が身についている筈なのだ。

実際、基本的に、マシン語というのは極めて簡単な言語だ。 だって、人間様に遠く及ばないコンピュータにだって理解できる言語なんですよ、 マシン語【極論】。

少し前に某IRCで、ループを知らないプログラマーの話題が出ていたが、 演算子、比較、繰り返し、分岐、のような基本的な処理は、 全てマシン語に出てくるのである。 そう思えば、入門者がマシン語に手を出すというのは、 王道なのかもしれない。

プログラムというものは全てマシン語の延長上にある

そうだ。 実はマシン語を完全理解した程度では、 まだプログラムを書くのに十分とはいえない。 さらに多くの知識がないとダメなのだ。 延長していかないと。

全くの文化系の女の子が、 わずか数ヶ月の研修で「システムエンジニア」や「ITコンサルタント」と称してJavaのプログラムを書くような商売もあるらしい

わお。 文科系というのにちょっとひっかかるけど、 女の子というのは必須ですよね。 中には眼鏡も必須という人がいるらしいが、 とりあえずそこに座っていてくれるだけで現場の生産性が上がるような気がするのだが、 ソレはソレ、コレはコレということで。

随分昔から、 プログラミングは理系ではなく文系の方が適正がある、 という私見を持っているし、 今もそう思っている。 簡単にいうなら、 プログラミングというのは文章を作るときのような構成力、 推敲能力が重要であって、 例えば計算が苦手でも、 そういうのはコンピュータがやってくれるから全然問題ない。 難しい数学の問題を解くような能力はいらないのだ。 というか、 数学の難問を解くようなロジックのプログラムを書かれて、 「このメソッドのアルゴリズムすごいでしょ」 とか言われても、実際すごいんだけど、多分困る。

もちろん、 FFT のエンジン書くときには FFT とは何か知っている必要がある。 物理系のシミュレーションを書くのに流体力学の知識が必要になるかもしれない。 ただ、それを言うなら SFA (Sales Force Automation) のアプリを書くときには、 ビジネスモデルとかマーケティングの知識が必要になる訳で、 要するにそういう分野別の別次元の話でコンピュータ以外の知識が必要になることもあるけど、 だったら SFA 作るには MBA (Master of Business Administration) 持ってた方がいいんじゃないか、 という話になってしまって、 プログラマーって一体何者、という方向へ議論は発散する。

(続くかも)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

DVD: 七人の侍普及版が11/9に発売

これだけの名作を今更評するのも無意味かもしれないが、 11/9 に普及版が発売されることになった。 予約受付中。

Amazon だと「この商品を買った人はこんな商品も…」 というリコメンドが表示されるのだが、 用心棒、赤ひげ、などの三船敏郎出演作品が多い。 確かにまとまったジャンルではあるのだが、 もう少しずれたところが表示されたらさらに面白いかもしれない。

実はこれがリンクを作成しようとしたらとんでもない罠にハマってしまって難航したのだが、 やっと何とかなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ見ぬ・書評

というか Eva 的には



見ぬ書評

みたいな感じにしたいのだが、 どうでもいいことはさておき、 この本。

監督不行届、安野 モヨコ

おたく必読なのかというと、 既におたくな人が読んでも特に得るものがないような気もするのだが、 おたく度100%だという噂もあるので、 いや、別に私は、そうですね。 まあそういうことだケロ。

ケロというのはシュガシュガルーンに出てきたデュークだという説。

ということで、いきなり話が変わるのだが。

モノづくりで150億円を生む独創発想術、中西幹育 著

金額が怪しいのだが、 実はまだ読んでない。 とりあえず150億円もなくていいから、150万円欲しい。 そういう発想だと多分ダメダメなんだろう。

追記: この本を読んでからの書評は、 書評: モノづくりで150億円を生む独創発想術 (1)書評: モノづくりで150億円を生む独創発想術 (2)に書きました。

できる人の勉強法、安河内哲也 著

できる人の教え方、安河内哲也著

ベストセラーらしい。 この本を読めばそんなにできるようになるのなら、 世の中できる人だらけになっていそうなものだが、 実際そうでもないように見えるのは多分目の錯覚というか、 読まないともっとできないのか、みたいな?

サラッと読めるらしいので、 サラッと読んでみる予定なのだが、 Amazon の書評がリアルで面白い。

余談だが、マネージメント系の本は、 特にソフトウェア開発ではいくらでもあるのだが、 要するにいかに短時間で効率よく高品質のものを作るとか、 成果を上げるというか、 そういう目標に向かって突き進む訳だが、 そんなにたくさん良書があれば、 世の中成功プロジェクトで溢れかえっていそうなものだが、 いや、いるのだが、多分。

まあでも「ここがポイントなのか」という確認には使えるのであって、 確認しただけでは成功しないというのも現実な訳で。 ということで、別に今回はオチも何もないのだ。 個人的には、できる人の手の抜き方というか、 サボり方に興味があるのだが、 そういう本は流石にないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TSUTAYA から借りてきたDVDがPSXで認識できない

クリーニングしたら1度は読めたのだが、 その後、沈黙を守っている。 試しにダビングを実行してみると「認識できない」のようなエラー表示が出る。

念の為。 なお、ダビングというのは実際にコピーする訳ではなく、 「ダビング」を実行すると最初にメディアチェックするのでやっているだけ。 PSX のダビングというのは HDD から CD-R にコピーする機能しかないから、 レンタル DVD の内容をダビングすることはできない。

で、観ることができないと TSUTAYA に言ったら何かあるかもしれないのだが、 試しに VAIO で観ると再生できるので、頭が痛い。 ただ、VAIO で再生するときも、最初にやたらガチャガチャうるさいところを見ると、 メディア側にも何か問題があるような気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「なっとうぽるか」という歌をコトノハのコトに出してみたら知らない人が当然のごとく多かったのだが

納豆といえば例の捏造事件で急激に話題になったことがあって、 ちょうどその当時に偶然出てきた歌なので、 何かタイミングがよくなかったのかもしれないが、 あまり番組でも出てこなかったような気もしたのだが、 最近の DVD の中に収録されているようだ。

「なっとうポルカ」か「納豆ポルカ」かと思っていたのだが、 「なっとうぽるか」が正式名称らしい。 これはモンすたージオという子供向け番組の中の歌なのだが、 他に収録されている歌に「えーっと!えとえとロック」というのがある。 これは干支の動物が全部出てくる歌なのだが、 普通に「ね、うし、とら、う…」はいいとして、 鳴き声を歌詞にした所がある。 ヘビとかイノシシは一体どうなるんだ、というのは一度聴いてみるのがよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たくさんコメントが付いたので何とかしようかと思ってコメント一覧を見ると「アドレス(URL)を表示」という選択肢があったので

心当たりのないライターだし、 URL がこの画面からだと分からないから、 アドレス(URL)を表示、 というのを選択したら、URL が分かるのだろうと思った訳だが、 甘かった。 アドレスなんか全然表示しないで、いきなり指定されている URL のページを開きに行くのである。 開いたとたんにウィルス仕込んだりノークリック詐欺【謎】系のサイトだったらヤバいところだった。

ていうかリンク先を開くって機能、 普通「アドレスを表示」と言うのでしたっけ?

2007090901

| | コメント (1) | トラックバック (0)

当選しましたというメールが来ていた

そういう spam が最近、いや、かなり前から多いのだが、カード会社の point プレゼントが本当に当たったようだ。珍しいこともあるものだが、Thunderbird が spam 判定しなかったのが不思議だ。本文が違うといえば違うのだが、単語レベルではかなり似ているというか、spam 業者も当然そのあたり似せて作るので、かなり紛らわしいはずなのだが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

台風が直撃しているような気が

河川の氾濫とか土砂崩れとか住宅の手抜き工事と屋根に上りたがる人さえいなければ、それほど被害は出ないと思うのだが、そういうのが発生するのが台風なので仕方ない。電車が止まるのも高速道路が通行止めになるのも仕方ない。とにかく仕方ない。

台風で停電という可能性があるのでノートpcでバッテリーを接続した状態で使っているのだが、台風時の緊急用発電装置はどのような設備なのだろうか。インフラ系の設備や病院のような停電が社会に大きく影響するようなものには非常時の電源確保は必須だと思うのだが、やはり台風用には風力発電ではないかと思うのだが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

電車に乗ったら大変なことに

とはいっても大したことはない。両側に大男が座っただけのことだ。とりあえずパソコンを広げたらキーボードを打てない状況というか、そんな状況でパソコン広げる方も何だけど、隣の人はPDA使っていたし、やはり時代はPDAなのか? 作業したいがために、わざわざ電車を1本見送って座ろうとしただけに、ここで挫折している訳にはいかないのだ。

打てないといっても、片手だけなら何とかなる。基本的に、エディタを開いて、ある文書から部分的にコピーした内容を他の文書に貼り付けるという作業なので、shift と ctrl と c と v と、あとはウィンドウの切り替えのために F2 が押せたら何とかなる、という状況。ctrl は VAIO BX の右の ctrl キーを使った。右 ctrl は滅多に使わないのである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Yahoo! オークションにロンギヌスの槍が出品されているそうだが

そういうのは銃刀法違反にならないのだろうか。一応、槍というのは武器のはずだし。弓矢とかだったらどうなのだろう?

なお、Yahoo!オークションでは、「銃器、弾薬あるいは主として武器として使用される目的を持つ商品」は出展してはいけないことになっている。ということは、これは武器ではなくフィギュアとかそっち系の扱いなのだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

NASA

nasa.gov からトラックバックリクエストが来ていて、どう見ても第三者が nasa.gov の中の wiki に侵入してバイアグラを買えというサイトに forward しているとしか思えないのだが、連絡までしたにもかかわらず、そろそろ3日以上になるのにまだ放置されている。こちらの連絡メールは意味不明だったのかもしれないが、他に誰も連絡しないというのは有り得るのだろうか、というと、多分有り得るだろうなと。

別にいいけどね。

ちなみに、こういうので処理が早かったのは MIT で、トラックバック先を確認しに行ったらもう消えていた、というのが殆どだったと思う。やはり大学とかだと、そのあたり頻繁にチェックしている学生が多いために、反応も早いのではないかと思われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日見たTVに出ていた算数の問題のその後

そんなに難しい話ではないのだが、

1円玉を何枚か銀行に持っていって、できるだけ5円玉に両替してもらったら、枚数が60枚減った。さらに、できるだけ10円玉になるように両替してもらうと、.硬貨10枚になった。いくら持っていったか?

という問題。解き方は省略して、77円というのが正解。

ちなみに、これをみずほ銀行でやったら315円の手数料がかかりますので、238円借金することになるかもしれませんからご注意。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

電車の中で爆睡している女性がいたのだが

殆ど天井を見ているような感じで上向いて、口開けている感じなのだが、そんな所にカナブンでも飛んできたらどうするのだろうか、と気が気ではない。それにしても、その両側に座っている人がうまくかわしていたのが面白い。

私も寝ることはあるのだが、多分、上は向いていないと思う。いや、見たことはないのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高卒という資格は高校を卒業したことを言うのか、それともなおかつ大学以上の学歴がないことを言うのか

普通「大卒」といえば高卒でもあるというよりは、「大卒」「高卒」は類別されるようなものと理解している人が多いような気がするのだが、大卒というのは高校も卒業している(あるいは同等の資格試験に合格している)から、高卒でもあるのだ、と言われると、それも一理あるような気がする。

仮に原付免許必須というバイトがあったとして、オレは限定解除の免許だから750ccも運転できるぜという人が応募したら「あなたのは原付免許じゃないから採用しません」といわれた、なんてことは有り得ないだろ。

ということで前から疑問に思っていたのだが「島谷的舞録゛: 大卒を隠すのは悪事か」にこの話題が出ていたので調べてみた。この方は高校を卒業していたら大学を卒業しても同時に高卒という資格もあるだろう、という解釈のようだ。

各自治体の扱いはどうなのか。

問題になっている横浜市だが、横浜市のサイトを見ても分からなかった。高校卒程度の募集ページには、大卒以上を除く、のような表現はなかったと思う。

少し前に問題になった大阪市。大阪市のサイトに出ている「平成19年度大阪市職員採用試験の予定」によれば、試験区分が「大卒程度」と「大卒以外」となっていて、大卒以外の所には、「 ただし、大学卒業(見込み)の者等を除く」と書いてある。これに対して大卒の人が「高卒」ということで応募したら、騙しだろう。採用後発覚したら、懲戒免職に値する行為だと思う。

ただ、以前からそのような応募だったかどうかは定かではない。

他には? 天草市のサイトが見つかった。「最終学歴が高校卒業〔予定を含む〕までの人」と書いてある。最終学歴という条件だから、ここに大卒の人が応募したらアウトだろう。最終学歴詐称になるからだ。

リンク

横浜市: 横浜市 人事委員会事務局 任用課 高校卒程度、免許資格職など採用試験

大阪市: 大阪市職員採用案内│最新試験情報

天草市: 市役所からのお知らせ - 市職員(高卒程度)を募集します!  / 天草市ホームページ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »