« So-net ガラガラ福引が当たった | トップページ | 深夜1時頃に電話がかかってきた »

32kbps という世界

東京はブロードバンド化されているというのが無線LANの普及具合で何となく分かった。 大阪もかなり無線LANスポットが増えているのだが、 今回行ったところでは殆ど遭遇しなかった。 もっとも、新大阪駅はかなり前から使えたはずなのだが。

それで結局 32kbps で Air H" を使ったのだが、 画像の使われ方が1年前とはかなり変化していると思う。 サイトを作る側も、10Mbps 以上を想定した作りとか、 そのような割り切りで作っているのではないか。 いくつか、これはもう無理だと思って挫折したページもあった。 広告、宣伝の類、大きな画像などが先に出てくるので、 目的の情報が得られなかったのだ。

特にネットショップ系の場合、 検索はある程度、文字だけで絞り込んで、 その後小さ目のサムネイル、 詳細を選択したら少し大きな画像、 という古典的なパターンがやはり威力を発揮するようだ。

|

« So-net ガラガラ福引が当たった | トップページ | 深夜1時頃に電話がかかってきた »

コメント

個人的にはケータイでアクセスするときに、IMGタグにaltが書いてあれば、画像をoffにしてあっても使えるのにと思うことがしばしばあります。「次へ」「戻る」などにaltが書いていないときついです。

投稿: pa | 2007.09.25 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/16551443

この記事へのトラックバック一覧です: 32kbps という世界:

« So-net ガラガラ福引が当たった | トップページ | 深夜1時頃に電話がかかってきた »