« おや書けるのか | トップページ | メンテナンス終了 »

事故を想定した強度というのはぎりぎりではなく余裕を持たせるものだが

昔の建物は特にそうで、どの程度の強さにしたらいいか分からないから、これ位あれば大丈夫だろうというところから、さらに数倍の強度を持たせたりしたはずだ。これが最近だと、強度の計算精度がよくなったから、ぎりぎりの設計にしたりするのだろうか?

先の地震で原発が停止したのだが、原発は関東大震災級の地震が来ても大丈夫、という触れ込みだったような気がしたのだが、実際来てみたら簡単に止まってしまった。ただし「大丈夫」というのも曖昧なもので、ちょっと考えてみても、

・大地震が来て故障しても緊急停止するから周囲を汚染することはない

・大地震が来ても十分な強度があるから発電機能は停止しない

このどちらか分からない。多分、周辺住民は後者をイメージしていて、原発関係者は前者のつもりで言っているのではないかと思う。

ふと思うのだが、例えば震度7というのが想定している大地震のレベルだとする。通常、何か想定した危険値がある場合、その数倍に耐えられるようにモノは設計するのだ。ということを簡単に当てはめると、原発は震度数十【謎】という有り得ない地震に耐えられるような建物になっているはずだ…が、そういうことはないと思う。想定を超えた揺れがあったそうだが、一体どういう揺れを想定していたのだろうか? 少なくとも、過去の事例の最大値には耐えられるようにしてあると思うのだが(もちろん、それでは普通に考えて強度不足である)。

そういえば、原発は、ヘリコプターやセスナが直撃しても大丈夫なように外壁を設計してあるのですよね? テロとか戦争とか想定してあるはずなので。流石に核ミサイルは無理だとしても、通常弾頭だと耐えられるのですよね?

|

« おや書けるのか | トップページ | メンテナンス終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/15861878

この記事へのトラックバック一覧です: 事故を想定した強度というのはぎりぎりではなく余裕を持たせるものだが:

« おや書けるのか | トップページ | メンテナンス終了 »