« 自由席と指定席 | トップページ | 78,000円と16,000円はどちらが高いのか »

座席を反転させて後ろ向きにしてよいための条件

まさに先日指定席に座ったときにそれを考えたというか、後ろの席が空席だったので、反転させて足を伸ばせたら楽だろうと思ったのだが、空席に足だけ乗せるとはいえ指定席1つ分の料金で2つの座席を占有することになるのでいかがなものか、という考え方も分かる。

単に座席を反転させる条件としては、機構上、横続きの2席を同時に回転させなければならないとして、

1. 臨席に座っている人の同意がある場合
これは、自分と隣の二人が席に座っていて、かつ反転させることに異議がないのだから、問題ないはず。

2. 臨席が空席の場合
これもいいはず。

ただ、1と2の場合に、反転させた結果、後ろの座席に座っている人達と向かい合うことになる。これは是か非かという問題がある。もちろん、後ろの座席に座っている人達が同意した場合は問題ない。また、最後列の座席の場合はとりあえず問題ない(後述)。ただしもしかすると、機構上反転できないかもしれない。

後ろの座席に座っている人達も反転している場合はどうか。これもokのように思うのだが、座席を反転させた場合、椅子の背中と背中の間に空間ができる。ここにはモノを置くことができるので、もしモノが置いてあったら、少しややこしいことになる。最後列の座席の場合も同様の問題が発生することがある。


|

« 自由席と指定席 | トップページ | 78,000円と16,000円はどちらが高いのか »

コメント

私も少し考えたことがあるんですが、最後の段落のような点には気づいていませんでした。

なお、最後列の座席も、ほとんどの場合、反転できるようにできています。できないと終点について引き返すとき後ろ向きのままになってしまいます。(一時期、新幹線にそういう車両がありましたが、あれは一車両の前半分が前向き、後ろ半分が後ろ向きに固定でした。)

あと、列車の進行方向が逆になる駅に停車している間は別のルールが適用されますよね。(後ろの席の人の同意なしに反転できるのが普通。ただし、同意して立ってもらわないとたぶん反転中に足にぶつかる。:-))

投稿: すのもの | 2007.07.21 11:51

隣席が空席だったので反転させたところ、途中駅でその席の人が乗ってきて、その人が進行方向をむいて座ることを希望した場合はどうなるんでしょう? 私は、戻すことになると思うんですが。(目撃したことあり。)

--
東京駅で、東海道新幹線の指定券を、*号車6-Aのように自分で指定してとれるというサービスのポスターを見たことがあります。思う存分背もたれを倒したいから一番後ろの席を、などということもできます、というふれ込みでしたが、これには、いまここで議論している条件が関連してきますよね。隣の人が後ろ向きに、すなわち壁を向いて座りたいといって譲らなかったらどうなるのか。JRとして規則があるのではないかと思って、上の“事件”を目撃したあと再度ポスターをさがしてみたんですが、見つからず。(新幹線は三人がけの席もありますから、多数決だと負けることもありえます。)

投稿: すのもの | 2007.07.22 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/15819838

この記事へのトラックバック一覧です: 座席を反転させて後ろ向きにしてよいための条件:

« 自由席と指定席 | トップページ | 78,000円と16,000円はどちらが高いのか »