« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

bk1 が iRegi の決済を終了したのだが

chat でこの話題が出たところ、それなら bk1 使わなくなるという意見が続出した。つまり、bk1 は iRegi 決済できるから使っている、という人がこの世界では多いのだ。もっとも、この世界というのが最近は無視できるような少数派であることも否定できないのだ。

キャンペーンはいろいろやっているのだが、3000円以上買わないと無効というのにいつもひっかかって、買うことができなかったりするので、意味がないことが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参院選の比例区の投票は候補者名を書いてもいいことになっているのだが

例えば、自民党の候補者に「民 主党」という名前の人が出ていたら、どうなるのだろうか。というようなくだらないことを考えたりした。まあ居る訳ないけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

もももすももももものうち、が正しいのではないかという説

と言われても何が正しいのかサパーリ分からないのだが、とりあえず google だと、

Also it does also also inside the thing.

で、@nifty 翻訳では、

A peach and す are among peach peaches.

どうしても「す」にこだわりがあるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すもももももももものうち

桃農地で採れるというすばらしい変換をしてくれるFEP【謎】が昔あったような気がするのだが、桃はピーチ、ではスモモはスピーチかというネタをずっとひきずっていて、今頃スモモは plum だと分かったのだが、ついでに「すもももももももものうち」を google 翻訳してみたら、

It does also also also also also inside the thing.

という世界を震撼させるような英語が出てくる。これでは某原発がチェルノブイリのようなことになっているという都市伝説が広まるのも分かる。こういうのは@nifty翻訳が得意だったと思ったのでやってみたら、

A す and peach peach is also among peaches.

「す」がお茶目なのだが、どちらの勝ちでしょうか。個人的には peach peach が気に入ったので@nifty翻訳の勝ちだと思ったのだが、also also also also also のパワーも捨てがたいという説。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休んでまた休んでしまう罠

VAIO BX。バッテリーが残り少ないのは知っていたのだが、まだ数分とかなら持つかと思って、休止状態から復帰したら、起動していきなり休止状態になってしまった。

そこまでは仕方ないとして、フル充電のバッテリーに入れ替えて復帰したら、復帰した直後にいきなりまた休止状態に移行してしまった。これが解せない。休止処理中に休止状態になってしまったので休止状態を再開した、というような予感がしてしょうがない。

もう一度復帰したらフル充電の状態で使えたからいいのだが、この間、約4分。無駄に時間を消費したような気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先の大地震でネコが消えたというニュースがあったのだが

IRC でこのネタで原因を考える、という話。もう一度考えてみた。

・どこかに逃げた。
地震とか察知して直前に姿がみえなくなる動物がいる、という噂はよく聞くのだが、考えてみると、一体どこに行ったのかというのが謎。

・倒壊した家屋の下にいる。
ネコ的には隙間があったらもぐりこめるので、隠れているだけかも。

・人間に変身している。
化け猫という言葉は大昔からありますから。最近はネコ耳程度ならバレないし。

・本当に消えてしまった。
カラスは死ぬと消えるという本がありましたね、そういえば。

・実は最初からいない。
国勢調査とかしていないから、実際地震の前に何匹いたか分からないはず。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今頃やっとプリンタドライバをインストールした

プリンタドライバが入った CD-ROM が見つからないのである。プリンタのマニュアルはあるので、この近くにありそうなものだが、CD-R の印刷用トレーも見当たらない。もしかするとテレビの後ろに落ちているような気もする。

で、プリントできない状態が続いていたのだが、流石にそうも言ってられなくなったので、キヤノンのサイトからドライバをダウンロードしてインストールした。特に何も問題なくインストールできて解決。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンテナンス終了

細かいところのデザインがいろいろ変わっていて、慣れるまでに時間がかかりそうだ。例えば、トラックバック一覧の表示数をどうやって変えるのか、最初分からなかった。

50件表示で削除したら勝手に20件に戻るのは相変わらずで、つまり仕様のようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事故を想定した強度というのはぎりぎりではなく余裕を持たせるものだが

昔の建物は特にそうで、どの程度の強さにしたらいいか分からないから、これ位あれば大丈夫だろうというところから、さらに数倍の強度を持たせたりしたはずだ。これが最近だと、強度の計算精度がよくなったから、ぎりぎりの設計にしたりするのだろうか?

先の地震で原発が停止したのだが、原発は関東大震災級の地震が来ても大丈夫、という触れ込みだったような気がしたのだが、実際来てみたら簡単に止まってしまった。ただし「大丈夫」というのも曖昧なもので、ちょっと考えてみても、

・大地震が来て故障しても緊急停止するから周囲を汚染することはない

・大地震が来ても十分な強度があるから発電機能は停止しない

このどちらか分からない。多分、周辺住民は後者をイメージしていて、原発関係者は前者のつもりで言っているのではないかと思う。

ふと思うのだが、例えば震度7というのが想定している大地震のレベルだとする。通常、何か想定した危険値がある場合、その数倍に耐えられるようにモノは設計するのだ。ということを簡単に当てはめると、原発は震度数十【謎】という有り得ない地震に耐えられるような建物になっているはずだ…が、そういうことはないと思う。想定を超えた揺れがあったそうだが、一体どういう揺れを想定していたのだろうか? 少なくとも、過去の事例の最大値には耐えられるようにしてあると思うのだが(もちろん、それでは普通に考えて強度不足である)。

そういえば、原発は、ヘリコプターやセスナが直撃しても大丈夫なように外壁を設計してあるのですよね? テロとか戦争とか想定してあるはずなので。流石に核ミサイルは無理だとしても、通常弾頭だと耐えられるのですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おや書けるのか

Windows のエクスプローラが無応答になってしまったので仕方なく再起動したのだが、ブラウザを開いてココログに接続したらこうやって記事が書けてしまった、という話。アカウントもパスワードも入力していないから、前回のセッションが残っていたのだと思うが、Firefox も再起動したのに、何か保持されていたのだろうか?

So-net ブログだと入れない。Firefox で再起動前に最後にアクセスしていたのが So-net ブログなのだが、セッション情報はクリアされているようだ。ブログ毎に設定が違うとおもうので、そのせいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと頭が痛いが少しアニメのダビングをしないとディスクが一杯になってしまう

夏風というより気温が少しあがったのが問題かもしれない。起きると布団をかぶっていないことがあるので。

今期のアニメで注目しているのが「さよなら絶望先生」。前期から放送している「瀬戸の花嫁」が昭和アニメだとしたら、こちらは何となく唐沢風の絵が大正アニメ【謎】風の雰囲気を醸し出している。瀬戸の花嫁は人魚アニメかと思って見ていたら実は任侠アニメという訳の分からない話なのだが、絶望先生はもっと分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子投票の話でIRCで疑問を提示されたので追記してみる

さらっと書いたので曖昧すぎたということで、追記する。

・2人以上の候補者のカードが投票されるのをどうやって防ぐか?

→ RFID は完全に重ならない番号をつけ、同一の番号を持つものはないようにする。同じ候補者のカードでも、全て番号は異なる。これは偽装対策にもなる。

例えば、選挙権を持つ人に、1組のカードを渡す。例えばこの番号が、1000番から1009番だとする。投票者は、この中から1枚を選んで投票するから、1000番から1009番までのカードのうち、1つだけが投票されるはずである。もし、この中から2枚以上投票されていたら、投票を無効とする。

・誰が誰に投票したか分かってしまうのではないか?

先の例だと、1000番から1009番までのカードの組を誰に渡したかを記録しないようにすれば、誰が投票したか分からなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子投票に関するスラッシュドットの話とか見ていて思ったのだが

電子投票の方法とか、割と硬直化しているような気がした。見た感じ、その場で端末を操作して候補者を選ぶ、というのを想定しているのだと思う。

私のイメージしている電子投票2.0というのは、こんな感じかな?

*

投票前に、選挙権のある人達に、投票用紙が郵送される。投票用紙には、候補者の数だけのカードになっていて、それぞれは RFID タグを使ってユニークな番号が振られている。(別案、このカードは投票所で受け取る)

投票者は、自分の投票したい候補者のカードを、投票箱に入れる。

*

集計は箱の中のタグをスキャンすれば一発ですよね。こういうのは電子投票って言わないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

78,000円と16,000円はどちらが高いのか

いやもちろん数値的に大小比較すると明らかですが、16,000円は日本の国内価格、それを海外に輸出して現地で購入する価格が78,000円。誰がどこでマージン取っているのか定かではない。78,000円というのは中国の高級食材価格らしい。つまり、庶民が普段食べるための価格ではないということ。では、中国で中国産のコメを買うと、いったい何円程度なのか?

もう一つ気になるのは、中国から中国産のコメを日本に輸入した場合、いくらなのか。これもWebで調べてなかなか出てこない。kgあたり50円とか、1俵が4,000円だとか、そういう説があるようだが、今いったいいくらなのか、というのが実際に輸入している人なら分かると思うのだが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

座席を反転させて後ろ向きにしてよいための条件

まさに先日指定席に座ったときにそれを考えたというか、後ろの席が空席だったので、反転させて足を伸ばせたら楽だろうと思ったのだが、空席に足だけ乗せるとはいえ指定席1つ分の料金で2つの座席を占有することになるのでいかがなものか、という考え方も分かる。

単に座席を反転させる条件としては、機構上、横続きの2席を同時に回転させなければならないとして、

1. 臨席に座っている人の同意がある場合
これは、自分と隣の二人が席に座っていて、かつ反転させることに異議がないのだから、問題ないはず。

2. 臨席が空席の場合
これもいいはず。

ただ、1と2の場合に、反転させた結果、後ろの座席に座っている人達と向かい合うことになる。これは是か非かという問題がある。もちろん、後ろの座席に座っている人達が同意した場合は問題ない。また、最後列の座席の場合はとりあえず問題ない(後述)。ただしもしかすると、機構上反転できないかもしれない。

後ろの座席に座っている人達も反転している場合はどうか。これもokのように思うのだが、座席を反転させた場合、椅子の背中と背中の間に空間ができる。ここにはモノを置くことができるので、もしモノが置いてあったら、少しややこしいことになる。最後列の座席の場合も同様の問題が発生することがある。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

自由席と指定席

何というか自分の頭の中では混乱しているのでまとめてみた。こういうルールだとどうか。

・指定券を持っていれば、指定した座席に座る権利を獲得する。

・自由席券を持っていれば、空席に座ることができる。ただし、指定席に座ったときに、その座席の指定券を持っている人が来たら、退席しなければならない。

これだと自由席が満員なのに指定席ががらがらで座れない、という非効率的な状況から開放されそうだが、指定券を持っていないのに指定席に座った場合に、いつ立ち退きの要求があるか分からないという不安材料を抱えることになってしまう。

ではこういうのはどうか、指定席が空席であることを乗客が分かるようにする。例えば予約席はランプが付くようにする。ランプの付いていない座席は誰が座ってもよいが、座ったら指定席の料金を支払う必要がある。

指定券を買った人が自由席に座った場合、検札時に指定席をキャンセルして差額を清算する。その時点で、予約席のランプが消えるので、その座席には他の人が座ることができる。

別に座席にランプとか印がなくても、ケータイでサーバーに接続してその座席が空いているかどうか判定できればいいのか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ここにきて何故か目が痒いのだが

まさか今頃花粉症ってことはないですよね。杉アゲイン、みたいな。あるいは他の花粉に反応するようになってしまったのだろうか?

ハウスダストという説もある訳だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日ポートマッチというのをやってみたのだが

何となく回答し辛い設問が多いような気がしたのだが、一致度がこんなの出た。

国民新党 48%
自民党 46%
民主党 40%
新党日本 40%
公明党 35%
共産党 32%
社民党 28%

かなり誤差の範囲内というか、一番一致しても半分に到達しないというのは、さもありなんて感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年金通帳というのは年金破綻への救世主になるのだ

2008年、昨年の参院選で圧勝した野党の意向を受け、年金通帳制度が始まった。これで収めたはずの積立金が「なんですかそれ」とシカトされるという不安から、国民は解放されたのであーる。

*

2053 年。

国民「あの、年金がもらえるはずなので申請したら、振り込めないという通知が来たのですが?

新社会保険庁「記録では途中の期間、積立金が振り込まれてないですね。コンピュータにも入ってません。

国民「そんなバカな、ちゃんと振り込んでますよ。

新社会保険庁「2038年の大障害の時にデータ移行に失敗して記録が一部消滅した可能性がありますが、当時の公報とかに出ていた手順でご確認されましたか?

国民「いや、そんな話というか、そんな昔のことを今頃言われても、だいたい責任もって年金を払うって、随分昔に約束したじゃないですか

新社会保険庁「ご安心ください、そのための年金通帳です。ちょっと見せてもらえますか。あれ?

国民「なにか?

新社会保険庁「記帳なさってませんね?

国民「いやほら、記帳してますが…

新社会保険庁「いやでもこれ、繰越金の合算しかないですね。

国民「うっかり忘れていて、というかこんなの毎月記帳する人いませんよ。

新社会保険庁「この金額だと、途中払っていない合計金額になっていますね。

国民「えーでもちゃんと払っているはずですよ、

新社会保険庁「これでは水掛け論ですよ、毎月とは言わないまでも、途中記録が通帳に残っていたら、証拠になったのですが…

国民「そういうことは通帳配った時に言ってよ!

新社会保険庁「当たり前ですが言ったはずですよ、通帳にもちゃんと書いてあるでしょ?

国民「なんでこんな小さい字で書いてあるんですかっ

新社会保険庁「そりゃもちろん…

*

国民2「すみません、私、年金通帳を紛失してしまったのですが。

新社会保険庁「それは残念ですね。

国民2「なにが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どの画像を公開したのか分からなくなったのだが多分これはまだ出していなかった

公園の木の下から上向けて撮影しただけなのだが、木漏れ陽という感じが出たような出なかったような。

Dsc02448

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特急券の扱いがいまいちよく分からないのだが

自由席が割と混雑していたので、立っている人がいた。その自由席に座っている人が車掌に説明していたのだが、指定席の切符を持っているらしい。指定席の切符を持っていれば、自由席に座ってもかまわない。規則として問題ない。自由席に座りたい理由は、自由席の方が好きな場所に(例えば端の席)に座れるから、だという。あるいは、2名で座るときに、座席をひっくり返して、向かい合わせというのもアリだろう。

ただ、自由席は満席なのである。この人が指定席に座っていないから、指定席には2名分の空席があるのだ。ここは指定券が発行されているので、他の人は座れない。つまり、この人は、今座っている座席と、指定した1つの席、合計2席を占有していることになる。どうも釈然としない。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

Yahooo とかライフドアとか怪しげなところから spam メールが来るのだが

そういうあからさまなのはとりあえず無視するとして、スパイウェアが入っているから除去しろ、というようなメールが結構きているようだ。これもツリなのは分かっているから無視しているのだが、ちなみにそのリンクをクリックしたら一体何が起こるのだろうか?

Dear Customer,

Our robot has detected an abnormal activity from your IP adress
on sending e-mails. Probably it is connected with the last epidemic
of a worm which does not have official patches at the moment.

We recommend you to install this patch to remove worm files
and stop email sending, otherwise your account will be blocked.

Customer Support Center

| | コメント (3) | トラックバック (0)

七不思議の6番目は七不思議の記事を書いたら「おいでよどうぶつの森」の記事からトラックバック要求が来るという話に

提案があったのでナイスだしそれでいこうかと。

最近はトラックバックも進化していて、勝手にこちらの記事を転載してさらにリンクまでちゃんと張ってくれているものまである。その手のブログは、こちらからクロールかけると結構便利なものだ。つまり、こちらで手間をかけなくても勝手に同一テーマの記事を集めてくれるので、それを一網打尽にするわけだ。

ただ、先の投稿で紹介したように「七不思議」と「どうぶつの森」は関係があると判定するようなブログもあるので、油断はできないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏裏七不思議というのを書いたらいくつかトラックバックのリクエストがあったのだが皆さん何を考えているのだか

年金について書いたサイトからのトラックバック、というのはまだ分かる。年金系の単語が出てくるから反応したのだろ。しかし、ヒット商品のサイトとか、ポロリ画像のサイトとか、一体先の7不思議とどんな関係があるのかサパーリわからん。極め付けは、

「おいでよ どうぶつの森」

系のサイトからトラックバックリクエストがあったのだが、それって裏裏七不思議と一体何の関係が…というか単語レベルで反応したのだとしても、どこに反応したらそうなるのか分からん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

裏裏世界7不思議というのを考えてみた

IRC ネタなのだが、新世界7不思議というのが決定したというので、裏裏世界7不思議を勝手に考えてみた。6個しか思いつかないので欠番になっているのが不思議。

1. 新世界七不思議が提案されたら七不思議が7個では少ないと言い出すユネスコ。

2. どういう過ちを誰が繰り返さないのか誰にも理解できない「過ちは繰返しませんから」と彫られた石碑。

3. ソフトウェア開発者を著作権侵害行為の幇助で逮捕し有罪判決まで出すことに成功しながらそのソフトウェアを署内で公式には禁止としながら大勢が今日も利用しあまつさえ個人情報を何度も大流出しているのに誰も逮捕されない警察。

4. 事務所費や年金問題が争点になりそうな次の参院選挙で事務所費として自己名義の土地の購入代金約4億円を計上して登記は個人名でないとできないと釈明しつつ小澤と小沢という二つの名前を使い分け党首討論では「あまり年金には詳しくない」と迷言した人物を党首とし年金データ入力ミスの最大の原因という説もある自治労を支援団体とする某野党の方を支持する某国の国民。

5. 匿名掲示板なのに犯行予告を書いたら1日でタイーホされてしまう2ちゃんねる。

6. (もう思いつかない)

7. いつ行ってもIRCに出没し誰もその顔を見たこともないので人工知能説まで浮上中のあざらしモキュ【誰】。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同窓会らしきものに出席してきたのだが

ブログ読んでくれとか言ってしまったのでここにそれっぽい事を書いておかないと本人確認できないかもしれないということで書いている訳だが、そういえば下り新幹線に乗るので帰るといっていた某氏はちゃんと帰れたのだろうか。乗客にけが人はいないということなので、大丈夫だとは思うが。

1本遅らせたつもりが、とんでもない到着時刻の差になることもある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

某所でミルクキャラメルという名前のかき氷を頼んだらこういう伝票がやってきた

2007070801

華屋与兵衛でミルクキャラメルを頼んだときの伝票。ミルクキャラメルというのは公式サイトにメニューが出ているのでそれを引用するなら「ミルクキャラメル味の氷の上にバニラアイス、ホイップクリーム チョコシロップを飾ったかき氷です。」ということで、要するにかき氷なのだ。

伝票に「ミルクキャラメル」と書きたかったのだろうと思うのだが「ミルクキャ」まで行ったところでヤバイっと思って半角にしたのか「ラメ」の幅がちょっと狭いし、あと「ル」で完成なのだがちょっと足りなかった。ていうか最初から半角で書いていれば全部入ったのではないか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

書評: ビジネス書数冊

ていうか例によってまだ読んでいないので書評ではないのだが、 当然、 この中では女子高生ちえの社長日記が一番気になる。

コトラーを読む
酒井光雄 著

ポーターを読む
西谷洋介 著

成功はゴミ箱の中に―レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男-マクドナルド創業者
レイ A.クロック、ロバート・アンダーソン 著、野崎稚恵 訳

流石にこれだけ世界中にヒットしたら成功したと言えるのだろうが、 こういうビジネスは年々難しくなるというか、 いかに最初の1社になるか、というのがポイントだと思う訳だが、 中にどういうことが書いてあるのか、 それが例えばセカンドライフでも通用するのか、 みたいな所は微妙に気になってしまう。

女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?
甲斐莊正晃 著

表紙もとても気になるが、 そういえば、萌え起業系の本なら読んだことはある。 多分ぜんぜん違うような気がするが。

PLANNING HACKS!
原尻淳一 著

ライフハックのつくりかた
小山龍介 著


| | コメント (1) | トラックバック (1)

ここまで来るともうすぐ雨みたいな感じで

さて霊波動とか感じる方はいらっしゃるのでしょうか。

Dsc02428


| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像シリーズで青空というのがたくさんあるはずなのでたまには曇り空というのを

放送事故じゃないけど、パッと見たら撮影ミスかとか思ってしまう。

Dsc02463


| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像はなごやかに花とか

風で結構ゆれていたので、ISO 400 に指定して撮影した。

Dsc02465


| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は七夕なので願い事を

血液がサラサラになりますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんどん壊れていくようだが

人格とかそっちの話ではない、機械やモノのことである。万年筆が折れたというところで十分不吉だったのだが、エアコンのリモコンとか、傘とか、次はルーターが調子がおかしいと来たものだ。寿命が立て続けに来ているのかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地下鉄でアナウンスに悶々と

「ベビーカーご利用の方へお願いします」のような車内アナウンスが流れたのだが、その後いくら待っても何をお願いするのかアナウンスしてくれない。そのまま次の駅に着いてしまった。謎。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

昨日は体調がどうもおかしかったのだがあるモノを食べたら直った

あるモノというのは、とあるチェーン店のチャンポンである。メニューに材料の産地が書いてあって、中国産のオンパレード。中国産きくらげまで入っている。もしかしてデンジャラス?

歩いていて、風邪をひき始めたときのようなふらつき感があったのだが、これで直ってしまった。医食同源というのだろうか、まさか薬品入ってないですよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

検索したら私を酷評しているページを発見したのだが

20年前だったら戦ったのだろうか、とかふと思た。最近は無茶苦茶書かれていても「ふーん」とか「そうだよねー」みたいな感じで戦意が湧かないというか、戦意を感じさせるような凄い酷評というのもない。どこかで見たようなものばかりなので、自分にとっては存在価値がないのである。あぁ、それであまり気にもならないのか。

偉そうな書き方をしている人もいるのだが、某パソコン通信時代には本当に偉い人が出てきたりすることがよくあったから、のっけから「もしかしてこの人は本当に偉いのかもしれない」という感覚で読もうとしてしまう。神様達が知らないところで井戸端会議している感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か書きたかったことが他にあったような気がしたのだが思い出せないのでメモっておこう

この前紹介したブログの中だと、メモは「独り言」に書くことになっているのだが、何か他に書きたかった趣旨があったような気がしたので、こっちに書いてみて、もし何かコメントがついて思い出すきっかけになれば、という目論見である。

トラックバックの件なのだが、最近、書いてある記事とどう関係があるのかよく分からないページへのトラックバックリクエストがよく来る。例えば最近だと、ジエチレングリコールが云々というようなページからリクエストが来るのだが、トラックバック対象のこちらの書いたページには、それらしき内容は見当たらないのだ。不思議。

まあソレはソレとして、じゃあどんなページからリクエストされたんだ、ということで見に行ったら、Wikipedia からコピった感じのものとか、ニュースクリップしたものとか、あとここ数日目だったのがクロールして他のブログの記事を集めたというようなページ。これは個人的には便利なのだ。というのは、自分でもブログのクロールをやっているので、そこを基点にすれば効率的なのである。

ソレはソレ、コレはコレということで、メモって何かというと、その種のサイトって google の Ads とか必ず張ってあるのだが、お礼にその Ads、プログラム使って10回ほどクリックしてあげようと思うのだが、それって何か問題ありましたっけ? Ads見る側としては別に google の規約とか関係ないし(そもそも google と何か契約した覚えはない)、10回程度なら負荷の問題もないからいいですよね?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

あーやっちゃったというかウワアみたいな

ひどい近眼でなおかつ眼鏡かけていると、眼鏡のレンズが通る視線範囲に視野が限定されてしまうので、特に足元にあるものに気付かないことがあるが、久々に足の指をガツーンというのをやってしまった。捻挫だと思うが、昔これで骨折に気付かずに半年ほど痛かったことがあるので、なかなか侮れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »