« 無意味に大きな画像は意味もなくその辺の花を | トップページ | 駆け込み乗車でドアに手を突っ込んで電車を止めようとする人がいるそうだが »

ライブドアが個人向けISP事業から撤退する理由は?

CNET Japanの記事によれば、ライブドアが個人向けISPから撤退するそうだ。個人向けISP事業はフリービットに3500万円で売却する。2005/10~2006/09の純利益が4300万円というから、もしこの利益が出るのなら3500万円で売るのはおかしい。つまり、この事業が先細りで、今期は3500万円そこそこと踏んだのか?

ISPで利益だすのはかなり会員がいないと難しそうだが、逆に、会員数がかなり多いと、ISP以外の所で利益が出せたりしそうだし、微妙にややこしいのかもしれない。ISP 事業持っていたら、無線LANルーターを配布して、Fonみたいなことをしてしまう、というのも面白いと思うのですけどね、それにしても後発だと Fon に勝てないか。

参考: ライブドア、個人向けISP事業から撤退--フリービットに3500万円で事業譲渡 - CNET Japan

|

« 無意味に大きな画像は意味もなくその辺の花を | トップページ | 駆け込み乗車でドアに手を突っ込んで電車を止めようとする人がいるそうだが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/15427168

この記事へのトラックバック一覧です: ライブドアが個人向けISP事業から撤退する理由は?:

« 無意味に大きな画像は意味もなくその辺の花を | トップページ | 駆け込み乗車でドアに手を突っ込んで電車を止めようとする人がいるそうだが »