« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

政治というのはよく分からない

どこの国というのはこの際置いといて一般論として、少数意見を十分に議論する間もなく法案を提示し、多数決で採決しようとする党と、採決しようとしたときに言論ではなく暴力行為で強行阻止しようとする党と、どちらが望ましい…いや、マシなのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切符がないと慌てるものだが

帰りの電車で切符がみあたらなかった。切符はいつも入れるポケットを決めてあるので、そこに入っていないとかなり慌てる。結局、別のポケットに入っていたのだが、なぜ別のポケットにあったのかが分からない。

鍵とかティッシュペーパーとか、入れるポケットを決めてあるのだが、小銭だけはどこにでも入れてしまうので服を振ったらジャラジャラとうるさかったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

asahi.com の世論調査で内閣支持率が急落している理由が

書いてあったようだが、自民よりも民主に政権取って欲しい理由の1位が年金の重視で、85%だとか。

総理は時効を無視する法律を作ってまでして対応するといっているのはとりあえずおいといて、日本国民は某野党党首が昔党首候補になったときに未加入期間があったために辞退したというのを忘れたのか、それとももうその件は時効なのか。もっとも、未加入というのは違法ではない訳だが。

ちなみに、年金の時効の件だけど、政府責任ということで時効を設けずに過去に遡って支払うというのは当然として、もちろん遅滞分の利息は付くに決まっているが、利率はどの程度なのだろうか? 税金を延納するときは 7.3% の年利で計算するらしいが、それとも重加算税なみに利息が付く?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松岡農水相が自殺したという報道直後の2ちゃんねる

2007052801

どうなんだろと思ったので見に行ったら、 重杉。 というかこういう状態。

この様子では多分東京に大地震が来たら2ちゃんねるは使えない、 に1カノッサ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒロイック・エイジと瀬戸の花嫁が40分繰り下げで放送

TV東京がまた世界卓球延長で放送時間がずれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2本の鉄の棒があり、片方が磁石である

この問題は有名なものだと思ったが、解答を一瞬で思い出せたので、以前見た問題なのだと思う。TVでやっていたのだが、正解も記憶通りで、片方の棒を手に持ってもう一方の中心に近づけ、ひっついたら手に持っている方が磁石、ということになる。棒磁石の中心には鉄がくっつかない、という性質を利用する。

ということは、棒磁石が次のように帯磁していることを想定している訳だが。

SSSSSSSSSSSSSSSSNNNNNNNNNNNNNNNN
SSSSSSSSSSSSSSSSNNNNNNNNNNNNNNNN

これ全体(2行)で1本の鉄の棒のつもりで見てほしい。 そこでふと疑問に思ったのだが、 次のように帯磁することはないのだろうか?

SSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSSS
NNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNN

もしこういう鉄の棒があったら、 真ん中に磁石ではない普通の鉄の棒を近づけてもくっついてしまいそうだが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「地球へ」は連載当時リアルで読んでいたのだが

単行本収録時に何か編集されたような気がするのだが、ソレはソレとして、今アニメでも放送している。出てくる人物の名前とか覚えていたりするのには驚く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近あった不思議なこと

電車の中。私は座っていたのだが。結構大柄の女性が前(正確にいえば隣の人の前)に立っていた。この人が、一瞬(長くても1秒以内)目を離した隙に消えてしまったのである。どこにも座っていない。飛び降りでもしない限り、外には出られない。密室のミステリーだ。可能性としては「消えた」以外に、一瞬で着替えた、というのもあり得るのだが。

逆のケースもある。ちょっとよそ見をした隙に、目の前に人が立っていて、この人がどこから来たのかが分からない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

二十の扉

昔「二十の扉」というクイズ番組があった。日本ではNHKが1947年11月1日~1960年4月2日の間、ラジオで放送したそうである(Wikipedia)。これはアメリカの Twenty Questions という番組のパクりらしいが、ルールは単純で、20回の質問で、あるオブジェクトが何かを当てるというものだ。

アバウトミーに「それは動物ですか」という質問を書いたのだが、これは二十の扉を意識した質問なのである。ただし、実際の二十の扉は最初に「動物です」というヒントが与えられた状態でスタートするので「動物ですか」という質問が出ることはない。

ソレはソレとして「それは動物ですか」という質問自体ナンセンスである。「それ」が何なのか質問として与えられていないので、二十の扉を意識していないなら、何の質問か分からない筈なのだ。ただし、このような状況で質問に真面目に回答する義務も必然性もない訳で、回答してくれる人が結構いたりする。現在の状況は「はい」が若干多い。ランダムに回答されると考えれば50:50になりそうなものだが、「はい」という選択肢が先に出てくることや、無意味な質問に対して肯定的に返事する場合の方が感情として自然ではないか、というあたりを考慮すれば、現象として無難なものを実証しているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TV東京は卓球の放送延長があったので番組放送が1時間ずれている

ながされて藍蘭島が多分1時間遅れて、02:20~放送になりそうだ。ということは、桃華月憚が 02:00~02:30 なので、かぶることになる。

他局の放送延長って、野球の延長で30分ずれる、というのが結構あると思われるが、長くても30分だし、そもそも最近は延長しなかったり、野球放送そのものがないとか、そういう感じ。TV東京は容赦なくずらすので、予約を設定し辛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビ東京が野球中継でアニメの録画がずれた時

たまにヒロイック・エイジの録画に失敗するわけだが、一つ前の番組のエンディングに「じじょうのうた」が使われている。

歌詞と画像はテレビ東京の「武山先生?」のサイトに出ている(10代20代30代)。要するに語呂合わせで10~39の二乗を覚える歌(そうか?)なのだが、なかなか面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタが国内で車を思うように売れない問題を抱えているそうだが

J-CAST ニュースによれば「日本経済の回復が続く中で、潜在的な買換え需要は大きいのに、自動車市場はどうして盛り上がらないのか?」ということで。

もし「日本経済の回復が続く中で潜在的な買い替え需要は大きい」ならば「自動車市場は盛り上がる」はずなのに、そうでないのはなぜか、というのなら話は簡単というか、前提間違ってるだろ。つまり、日本経済が回復していないだけの話で、悩むことは何もないのでは。

もっと極論を申し上げますと、最近の日本経済が回復しているというのは、企業がリストラして人件費削ったから黒字になっただけの話で、多くの消費者には金回ってないから車買う余裕ないだけ。そこに気付いたら対策も簡単で、

(1) 購買力が低下しているのだから、安い車を販売する。軽で50万円程度の新車を出せたら飛ぶように売れるのでは?

(2) 多くの消費者ではなく、一部の猛烈に購買力のあるターゲットに絞った戦略を立てる。例えば500万円超の超高級車。もっと上、ベンツやフェラーリよりもトヨタが高級、という路線もアリかと。1台あたりの利益が大きかったら、台数が出なくても利益は出せるから問題ないのでは。

(3) 日本で売れなくてもいいという発想はないか?

(4) 究極の温暖化対策車を開発してください。トヨタならできる。具体的には、二酸化炭素をエネルギーとして走る車。無理か。これなら特に公的機関は無理にでも買うだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ不調?

PSX は暴走するし VAIO BX はシャットダウンできないしろくなことない。VAIO はタスクバーからボリュームコントロールのアイコンが消えた。ハードウェアの取り外しアイコンはないと困るので復活させたけど、音量はどうでもいいので放置。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像シリーズは天気がいまいちな東京タワー

いまいちといっても、この時は振っていなかった。その後、どしゃぶりになるのである。

Dsc02396

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京カレーラボのアーモンドチキンカレー

東京タワー2階にある東京カレーラボ王様のブランチで紹介されていたので、食べてみた。 カウンターに座ったら、目の前に小型液晶でビデオを流している。 内容はカレーとは関係なかったが、 ということで、 アーモンドチキンカレー。

Dsc02391

カレーの中にチキンの塊が2つ入っている。 オニオンのピクルス(?)と、口直しのラッシーが付いて、1000円。 ラッシーは口直しということで、ほんの少しだけである。

アーモンド感が思ったよりも強かった。 マイルドなので、辛いのが苦手な人向きかもしれないが、 私見。 カレーはよかった。 ライスは、もう少し工夫の余地があるような気がした。 微妙にカレーとずれがあるような感じ。

問題は付け合せのオニオン(もしかしたら違うかもしれない)なのだが、 あえて浅く、マイルドに、というコンセプトなのかもしれないが、 昔、下北沢でボクサーがやっていたカレー屋を思い出した。 そこもオニオンのピクルスが付け合せで出てきたのだが、 ボクサーだけあって、パンチの効いた漬け込み方だった。 オニオンといえばあの印象が強くて、 そのせいか、浅いというよりちょっと弱弱しい感じがして、 しかもカレーとはちょっと合っていないような気もした。 このあたり、個人の好みなのかもしれないが。

なお、その下北沢のカレー屋は20年ほど前になくなったので、 探してもありません。 残念。

余談。FILOされました。 ちょっとお待ちください、ということで後から来た2組の注文を先に取られたので、 カレーが来たのはその後だった。 カウンターに座ったらいきなり注文した方がいいと思う。 なお、メニューは店の前に出ていたが、 カウンターにはなかったので(言えば出してくれるのかもしれない)、 先に何を食べるか決めてから入った方がいいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛知の立てこもり事件の人質になっていた元妻がDVに悩んでいたそうだが

容疑者は元暴力団組員ですから、外で暴力は仕事なので分かるけど、妻が家庭内暴力に悩んでいたということは、家庭でも仕事していたのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅延テスト(lazy test)という手法が最近よく使われるようになったという説

プログラマー系のギャグなので解説しておくと、 とりあえずやったことにしておいて、 後で詳細教えろというときに実際に内容を取りにいくような仕組みを lazy ほにゃららと言う。

ということで、 アバウトミーというサービスがあるというので、 試しに使ってみた訳だが、 しばらく使っていると、画面が次のようになった。

2007051801

これがしばらくすると、 次のようになったので、 IRCで結構微妙に盛り上がった。

2007051802

なお、このメンテナンス中の画面は、 アバウトミートップの表示も同じなので、 10秒ごとに同じ所にジャンプするというアバウトな展開になっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏ページランキング【謎】巻き返し成功

ていうか何もしていないのだが、 google で「裏ページ」で検索すると4番目にココが出てくるようになった。 とはいっても、 毎日「裏ページ」で検索している訳ではないので、 いつから順位が戻ったのかは不明。

そこで考えてみるのだが、 「裏ページ」というキーワードで検索する人は、 一体何を期待してそれを指定するのだろうか?

本来の意味での裏ページというのは、 簡単に見つからないとか、 会員専用にアングラ情報を流しているとか、 その種のものだと思う訳だが、 その種の裏ページがこういう検索にすら出てこないというのは目に見えている。 しかし、何かのミスで表に出てきて検索にヒットするように、 というのを期待したユーザーの行動というのなら、あるかもしれない。

なぜココが「裏の裏ページ」というようなブログ名なのか。 もちろん「表ページ」が存在するという事実の裏返しとして裏ページがあるのだが、 もう少し突っ込んで考えてみると、 表ページというのがオフィシャル感とか、きっちり構成されている、 というような印象をユーザーに与えるとしたら、 裏ページというのは、非公式、適当に思ったことを書く、いいかげん、 というようなあまりよくない印象と同時に、 普通は書けないようなこと、裏を返せば本当のことを書いてしまう、 というようなイメージを想定している。 日本的に表現するならば、本音と建前に分けたときの「本音」が裏に対応するのである。

もう一つの「裏」という言葉のイメージとしては、 裏社会、裏ビデオ、のようなダークサイドの側面がある。 まあそういうニュアンスも、ちょっとは考えて書いているといえなくもないと言える【どっち?】。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

昨日見た光景とかよく謝る日本人とか

最初は私なのだが、歩行中の話。歩道で前方から来る自転車とすれ違うとき、こちらは右に避けようとした。自転車も同じ方に避けようとしたらか、そのままだと衝突コースである。もちろん両方とも停まったから衝突はしないが、とりあえず(というのも日本的な手法かもしれないが)、すみませんと謝る。向こうもこちらこそと謝る。別におかしいところはないが、歩行者優先のはずなのに、なぜこちらが謝るのか。

権利的には確かにこちらに謝罪する義務はないのかもしれないが、こちらが自転車の動きを推理して左に避けることができたら、立ち止まらずにすれ違うことができた。この推理ミスがこちらの失策だ。その結果、お互い無駄な時間を費やしたという一点で、こちらには謝る理由がある。失敗したというのは事実なのだ。

さて、昨日見た光景というのは、電車の中で、老婆が降りる途中の通路でバランスを崩して、他の人が立っているところに倒れこんだ。他人に倒れこんだという点において、これはその老婆が悪い。もちろん、老婆は謝ったのだが、倒れこまれた人は、特に何も言わなかった。

ところで、この老婆がコケた理由は別にある。床に大きなバッグが置いてあったのだ。これに躓いたのである。そんな所にバッグを置いておく方が悪いと思うのだが、バッグを置いていた若い男は、ジロッと老婆を見ただけで、何も言わなかった。カバンを蹴っておいて謝らないのか、という態度である。

日本は美しい国だと思った。この様子なら、憲法9条の廃止も順調に進むだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ちゃんねるで井筒監督の映画に対する感想が殺到しているようだが

「面白い。観てないけど」系の感想が殺到。都知事の映画を批判していたようだが、忙しいから見ていないといったらしいので、それに対する反応らしい。Yahoo! 映画の評価でも、あの「ゲド戦記」や「あなたを忘れない」を堂々とぶっちぎる得点! 凄く面白そうですね。観てないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

So-net が今メンテナンス中で書けないのでこちらに書くけど

トラックバックを削除したいのだがメンテナンス中なので手が出せない。もっとも、So-net blog は閲覧もストップしているので、まあ問題はないが。そろそろ Bフレッツのメンテナンスだし、いつ切れるか分からない状態になる。

書く予定だったニュース寸評は、パナマで中国から輸入したグリセリンがジエチレングリコールだったということで、それを使った薬を飲んだ主に乳幼児100名以上(一説では300名以上)が死亡しているという件なのだが、中国から大量の物資を輸入している日本で、あまり死亡事件とか聞かないのはなぜだろう、という話。

ちなみに、パナマの件、殆どマスコミのニュースに出てこないのはなぜ? 死者300名って1面トップクラスの事件だと思うのだが、大手マスコミはなぜかスルーしている? まさか日本で死者が出るまで待っている、ということはないと思うのだが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日は02:00~07:00の予定でBフレッツのメンテナンスの予定のはずだが

東京都全域で、Bフレッツのメンテナンス工事、というお知らせメールが来ていたのだが、その前に大規模なトラブルが発生しているらしい(NTT東日本エリアの13道県でフレッツが大規模障害。復旧時期は未定)。

何かうまいことトラブル発生時だけ使っていなかったような気がするが。公式サイトによれば、NTTの機器をリセットすれば回復することが分かったので順次そうしているという。誰が気づいたのだろう? とりあえず「ぽちっとな」みたいな感じで押してみたのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天才には2通りあって

天才でなければ理解できないほど複雑な理論を理解できる能力を持っている場合と、普通ならとても気づかないほど単純な理論を発見できる能力を持っている場合がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またアニメが30分ずれているのだがTV東京は野球放送して何かいいことあったのだろうか

野球中継の視聴率が低迷しているという話はあったが、わざわざ低迷している野球中継を放送して、さらにアニメマニアの反感買う…とまではいいませんが、私の場合、アニメの録画予約が飽和状態だから、野球中継でずれる可能性があるアニメとずれないアニメが重なったら、ずれない方を録画する。つまり、深夜アニメの視聴率が下がっているような気がする訳だが、

もともと、深夜アニメの視聴率というのは誤差の範囲内なのだろうから、数字的には野球中継と、そうでない元の番組(って何やってたったけ?)とのガチンコ対決なのだろう。

ということで、ヒロイック・エイジと瀬戸の花嫁が30分ずれて放送になっている。同じずれるにしても、10分ではなく30分ずれてくれたら、瀬戸の花嫁が30分延長ありで予約してあるから、こちらに両方きれいに入ってくれて、実質的にはあまり問題ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえばレイザーラモンHGを最近あまりTVで見ないというか

いや単に私がそういう系のTVを見ていないだけなのだと思うのだが。

今頃何の話かというと、「国民投票フォー」というのを検索しても何も出てこなかったので。もう死語なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

究極の5冊と合本

AとBの2冊をまとめた合本があったらどうなるのかという話。地球上の全ての本を合本にした究極の合本Xがあったら、それだけ詠めば全部詠んだことになるけど、Xが存在しないことは今のところ明らかだし、あったとして、XはX自身を含むのかというのは…まあ関係ないか。

問題はもう少し別にあると思っている。AとBを1冊にした本ABがあるとする。AとABは類似なのか、というのが問題。ABはAの内容を全て含んでいるのだが、Bを付け加えたことで、Aとはあまり共通性のない本になる訳で、「内容が似ている」の定義が曖昧だとそういうことになる。ただし、Mを読むとNを読んだことになる、ということを重視するならば、ABを読むとAを読んだことになるのだから、ABが選択肢にあればAを除外するというのはあり得る選択かもしれない。

まあでも全集のような、物語毎に別々にできるものは、各作品をもって1冊とみなしてもいいか。逆に、レ・ミゼラブルのように、複数冊読まないと全体が理解できないようなものは、全巻をもって1冊とみなすとか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

TSUTAYA の半額キャンペーン

一部で話題になっているプラネテスを借りていこうと思ったのだが、すごく長い行列ができていたのであきらめた。待っていたら電車がなくなってしまう。

TVでアニメを放送していたときには他と重なったのかどうか覚えていないが、見てなかった。コミックは連載中に読んでいたので、ストーリーはわかっているつもりだったが、アニメになるとこうなるのか、という感じでちょっと違和感があった。許容範囲内ではあるが、思ったより明るいというかウルサい感じがした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

googleで「裏ページ」を検索してもココが表示されなくなってしまった謎

まあ別にメインのブログでもないし、表示されなくても構わないのだが、いきなり1ページ目から消滅した理由がよくわからないが、例のすごく長いのを投稿した直後に出なくなっているので、あれが原因であることは高い確率で間違いないと思う。地雷でも踏んだか?

例えば、長すぎるページは検索結果に入れない、ということはあるだろうか? 実は uraura search なのだが、もしかしたら、そうなるかもしれない。入れたくないというのではなく、データに含まれている単語の種類が30000を超えると残りを無視するようにしてある。これがバグっていて、エラーになっていたことがある。今はどうか未確認だが。

もう一つ心当たりがあるとすれば、記事投稿後1時間以内に10回程度本文修正しているということだが、いくら何でも特別監視対象のサイトでもない限り、そんなの google がチェックするわけないだろう。

他のサーチエンジンはどうか。「裏ページ」で検索すると、

Yahoo!検索は、約310,000件中、3番目にヒットする。ブログ検索にすると、記事との一致3,871件中2番目にヒットする。

AltaVistaは、308,000 ページ中、1番目にヒットする。

goo で検索すると、11,500件中39番目にヒットする。gooのブログ検索で表示順を「適合順」にすると、1,743件中1番目にヒットする。

Infossek はデフォルトが google なので順位不明だが、infoseek の検索結果を表示すると3,558件中の1番目にヒットする、というか今気づいたが、1ページ目を独占している。

ということで、google だけ何かあったというのに1票。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「「留学生の素朴な疑問」に答えてみた」を考えてみた

メタ【謎】になってしまった。

いえ、私は基本的にすぐ影響を受けるので、 誰か答えているかと思って、 見ないで書くことにした、 というか実際に書いたのがアレだが、 アレが長すぎたのがまずかったのか、 google で検索しても裏裏がなかなか出てこなくなった?

まあその話はともかく、 書いてから googlegoo のブログ検索で探したけど、 回答したブログがわんさかあるかと思ったら、 意外なことにあまりなかった。

その中でも、 「華氏451度 「留学生の素朴な疑問」に答えてみた」 が、かなり面白かった。 なるほど、そうか、と思いました。 読んでいて殆ど納得してしまう。 ということは、 やはり先に他のブログとか読まずに書いたのは正解らしい。

で、ちょっと気になったような所を考えてみた。

こういう首相を持つことは、日本の恥である。

恥の文化という言葉が昔あったけど、 しかし現に首相なわけですから、 それはある意味、象徴というか、 ジャストフィットした結果なのかもしれない。

東京都の有権者数は1000万余。つまり石原を「支持」しているのは都民の20%程度である。残りは反石原か、もしくは「カンケーねぇよ」。

ここは自説がちょっと違うので書きたいのだが、 いや私の説はあまり根拠ないですけどね、 ちなみに、先の都知事選の正確な数字は、 有権者数 10,238,704人、 投票者数 5,565,127人だから、 投票しなかったのは 残りの4,673,577人。 石原氏に投票したのは2,753,641人です。 サクッと20%程度と書かれていますが、 これは有権者の約 26.9%、 投票者数約 49.5% に相当しますが、 まあ細かい数字はどうでもいい。

まず、 石原氏以外に投票した 2,811,486 名、 この人たちは、高い確率で「反石原」だろう。 蛇足すると、選挙において、誰かが一方的に勝つだろうと予測した人が、 支持している候補者以外の候補者に投票することがある。 私もやったことある。

つまり、 石原氏支持であっても、石原氏以外に投票することはある。 もっとも、そんなのは誤差の範囲内だとは思うが、 場合によっては、この種の票が無視できない位大きくなって、 予想していた本命が落選することもあるかもしれない。

また、石原氏に投票した人が、 必ずしも石原氏を支持しているとは限らない。 私は先の投稿で「消去法(で選んだ)」と書いたが、 そういう意味では、私は石原氏に投票したが、 氏の政策を支持しているという訳ではないし、 石原シンパでも何でもなくて、 しいて言うならば単なる反(反石原)派ということなのだ。

まあソレはソレ、コレはコレとして、 さて、問題は投票しなかった4,673,577人、 華氏451度さんの説では、 これが反石原か、もしくは「カンケーねぇよ」に該当すると仰るのだが、 私の想像では、1/3 が反石原である。 そして、投票しなかった人の1/3 は石原氏支持である。 勝つに決まっていると思って投票しなかったのだ。

そして残る1/3だが、 「誰に入れていいか分からないので、他の人が選んだ結果に従う」といったところ。 それはある意味「カンケーねぇよ」なのかもしれないが、 関係はあるけど誰に入れたらいいかわからないから様子見、という感じの人達。 つまり判断を放棄した人である。

まさしく、「どうでもいい」と思っている人が多いのだろう。 政治に何か期待するのは間違いだ、 何を言ってもムダさとか、勝手にやってろと思っているのだ。

「どうでもいい」と思っているのならまだいいかもしれない。 「どうでもいい」とすら思わない、 そういう人が多いような気がする。

もちろん、 中には真剣に考えても判断できないという人もいるでしょう。 「答えがない」とか「わからない」という答えを許さないのなら、 どんなことでも考えたら答えが見つかる、 とは限らない。 むしろ、 たいていのことは答えが見つからないような気がする。

選挙も同じことで、 選挙権のある人全員が、 最も支持できる人を一人だけ選ぶことができる、 なんてことの方がおかしいのではないか。 もっとも、有権者数の半分もそうだというのも、かなりおかしいのだが。

余談だが、誰に入れたらいいかわからない場合、 白紙票という方法もあるが、 私見としては、白紙票を入れる位なら、投票に行かない方がいいと思っている。 票を数えるにも人件費(つまり税金)がかかっているのだから。 電子投票とか、インターネットで投票が当たり前、って時代、 最近、私が生きているうちに実現しないような気がしてきた。

日本人はかなりのニヒリストなのだろうか。

華氏451度さんの書き方見るとすごいニヒル感に溢れている気がする。 でも、私の周りを見た感じでは、 そういう人は珍しい。 そこまで到達していない。

得意の極論でいくなら、 没個性というか、 洗脳されているというか。 アイデンティティとか、個性、自主性、 そういうことをできるだけ持たないで生きていけるように教育されていて、 「私にゃよく分からないけど、とりあえず他の人が決めた通りにしておこう」 みたいな現実的な無難な判断、他の人の顔色を見て動く人がかなりいて、 こういう人は選挙にも行かないし、 みんな大学に行ってるからという理由で大学に行くのだ。 自分だけ尖ってやろう、なんて思ったりはしない。 ニヒリストというより、ヒヨリミストというか、ヨウスミストとか。 他の人と同じことやっていれば他の人と同じ程度に生きていけるだろ、 みたいな感じで。

それが日本の平和主義の原点みたいな気がしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Apache forrest がうまく動かないが何とか裏ページを更新した

多分現時点でのメインであるはずの「裏ページ」が永久凍土状態になっているのだが、apache forrest の 0.8 が出ていたりするし、何とか更新してみた。やはり手順とか忘れているような気がしたのだが、指が覚えていたようだ。

パスワードとか指が覚えているというのはちょっと怖いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ICレコーダーの電池が切れたのでSQMYの電池を買ってきたのだが

アニメでたまに SQMY というようなメーカーの看板とか出てくるような気がしたのだが、あれは SOMY だったか、まあそれにしても、

2007051101

この16本で105円である。爆発したりしないだろうか、ドキドキものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

留学生が日本をみて素朴な疑問を提示したというブログがあったのでトラックバックしようとしたがココからできないようなので一方的に書いてみたのだが

一部で話題になっている 「留学生の素朴な疑問」、 確かに実に素朴である。

で、個人的な意見として回答を考えた。 基本的に、普遍的な根拠があるというより、 勘で答えているので、 一般論として解釈しないで欲しいと前置きしておく。 また、引用の大部分は前述のブログからであるが、 そうでないものは、その都度示す。

1. どうしてみんな制限速度を守らないのか

基本的に日本人はルールを守るタイプの人が多いと思う。 ただ、デフォルトで破られているルールがいくつか存在する。 例えば未成年の飲酒、喫煙、 歩行者の信号無視、 駆け込み乗車など。 基本的にルールを守るのに、 ある種のルールは基本的に破っている、というのはなぜか?

一般論として、 日本人は 他の人の行動に合わせようとする傾向が強い のではないかと思う。 昔、 「赤信号みんなで渡れば怖くない」という冗談が流行したが、 この性質をうまく表現している。

制限速度を守って走っている人がいない訳ではないし、 実際知っているが、 スピード違反する車が多い所でそういう走り方をしたらかえって危い。

というところから極論してしまうと、 みんなやっているから自分もやっていいという判断をしがちだ。 「速度を守るとかえって危ない」と「みんなやっている」をあわせて、 制限速度を守らない方がいい、という結論になっているのではないか。

2. 憲法9条というモデルは日本に成功をもたらしたと考えられるが、

ここで示されている「モデル」の具体的な意味が分からないので、 「戦争を放棄する」と対外的にアピールする外交モデル と妄想させていただく。 例えばイラクに派兵しても攻撃せずに済むというような意味では、 そういう意味では部分的に成功しているかもしれない。

しかし、それによって失敗していることもあるかもしれない。 だから、この質問は、 引用した箇所の中に既に私見としては異議がある。 したがって、その後の内容はパス。

冷戦が終わり明らかにヨーロッパでは平和が実感できるようになっている。

日本は平和ボケだといわれることがある。 現に、核兵器を持ったと宣言している隣国が敵対的な報道を日夜繰り返し、 ミサイルを向けている状況だったりするので、 一見平和そうだが、実は結構デンジャラスである。 しかも、もし相手が宣戦布告してきても、 日本は少なくとも相手国のミサイル基地を先制攻撃することはできないだろう。 これは日本にとって「成功」なのだろうか? 日本は今、こんな状況で、 平和を実感していいのだろうか?

3. どうして安倍は明らかに日本の威信を傷つけるとわかりながら、 従軍慰安婦などの問題であのようなことを言うのか

といわれても、「あのようなこと」では何を指しているのか分からない。 はっきり書いて欲しいです。 でも後に出てくるね。

強制はなかったなどと言い立てること

もし、本気でそのように考えているのなら、 この問題には二度と、一切口出ししない方がよいと思う。 なぜなら、 多分あなたも、 マスコミにかなり踊らされている一人に過ぎないのだから。

政治や利権が歴史に絡むと、 当事者は自分に都合のよい情報を意図的に創作する。 当たり前のことだ。 だから、 多国間の論争が絡んだ歴史問題の事実を知るのは、 とても難しい。 特に、南京大虐殺とか、従軍慰安婦というのは、 非常に高度な政治的かけひきを含んだ難問である。 そこは、史実に対するプロパガンダ、修飾、演出、捏造の氾濫する世界で、 簡単に結論を導き出せるものではない。 まして、素人が(まあ私もそうなのだが)安易に手を出せるものではない。

基本的に、安倍総理の主張は「(狭義の)強制があったという証拠はない」ということなのだが、 もちろん、ある種のマスコミはこれを、 「強制はなかった」と誤解するように全体を脚色して報道したりするものだから、 うっかり読者がそのように誤解するのは無理のないことだ。 しかし、 その程度を見抜く注意力もないようでは、 慰安婦問題に関しては、議論どころではないと思う。

もし 「強制があったという証拠がない」と「強制はなかった」の違いが分からない のなら、 まず論理学を勉強して、 違いが分かるまでこの話題から離れて欲しい。 この種の論理のすり替えが、 この話題には大量に出てくるのだ。

もっとも、論理学といっても、 日本の中学生程度の学力で十分に理解できる話のはずなのだが。 ちょっと脱線しておく。

もしかしたらこのページを、 小学生のみなさんが読んでいるかもしれません。 ちがいが分からないという人のために、 せつめいします。

「きょうせい(強制)はなかった」というのは、 「きょうせい」がなかったというのはほんとうだ、 といっているのです。 (「きょうせい(強制)」というのは、むりやりなにかをさせることです。)

「きょうせいがあったという証拠(しょうこ)がない」というのは、 きょうせいがあったかなかったかをきめるためのしょうこがない、 といっているのです。 これは、 しょうこがないということだけがわかる、 ということです。 つまり、このぶんしょうだけでは きょうせいがあったのか、なかったのかは、どちらかわからない のです。

河野談話(こうのだんわ)ということばをニュースで見た人もいるとおもいます。 平成5年に河野さんというせきにんあるたちばの人が、 「きょうせいがあった」というはなしをしました。 安倍そうりは、この話を継承(けいしょう)するといっています。 (けいしょうというのは、うけつぐとか、ひきつぐ、といういみです。)

もし安倍そうりが「きょうせいはなかった」と考えていたら、 この話をひきつぐことはできませんね。 だから、 安倍そうりが「きょうせいがあった」と考えていることがわかります。

ただ、 河野さんは「きょうせいがあった」ことを、話をきいただけではんだんしたので、 モノなどのしょうこがないことが、じゃくてんになっています。 安倍そうりは、そこをきっちりしらべなさいといっているのです。

小学生向け、以上。

ここで「先生、慰安婦って何ですか?」という質問が飛ぶような気がしたのだが、 今時の小学生なら知ってるかもしれないが、 その話はまたの機会に。 なお、安倍総理が「強制があった」と考えている、 と断じてしまったが、 実際は、「対外的には強制があったことを前提とした立場をとっている」、 というように解釈すべきだろう。

という訳で話を戻すのだが、 言ってないことに対して「なぜあのように言うのか」 と質問されても答えようもない。 ただ、それだけだと余りにもそっけないので、 実際に安倍総理が言ったことに対して「なぜ」を考えてみることにする。

安倍総理の発言の一例を 正確に紹介したページには、例えば次のように書かれている。

この狭義の強制性については事実を裏づけるものは出てきていなかったのではないか

(「狭義の強制性」を裏づける証拠はなかった — 内閣総理大臣 安倍晋三(しんぞう) β版公式サイト より引用)

日本人は「ウソ」だとか「事実でないこと」に対しては、 かなり過剰に拒絶反応する傾向があるような気がする。 「正直」というのは強烈な美徳であり、 必要であってもウソはつかない。 まあ一般論というか、例外もたくさんありそうですが。

これを示す小話があって、 確か、 「日本人は相手が敵であってもウソはつかない、 ○○人は相手が敵なら平気でウソをつく、 ○○人は相手が味方でもウソをつく」 というようなjokeだ。 「○○」というのは伏せた訳ではなく、 何だったか思い出せないだけだ。 ずいぶん昔に見たものだから。

(…って書いてて自分でもウソっぽい話だなと思うわけだが、まあいいか)

安倍総理の行動には、 その性質が前面に出ているのではないか。 日本の威信とかどうとかいう前に、 真実はどうなのか、という所が出てしまったのではないかと思う。

「狭義の強制性」という言葉も重要だ。 狭義も広義もないと一蹴する人もいるのだが、 この二つには大きな隔たりがある。

疑問を提示した留学生がどこの国の人かは分からなかったが、 この後、フランス語の話が出てくる。 もしフランス語が分かるのなら、 Les Misérables は読んだろうか? Fantine は最後に残ったものを売ったと書いてあったはずだ。 この小説は古典ではあるが、 描かれている状況は今も変わっていないのではないか。

あくまで私見であるが、 阿部首相の言っていることの私なりの解釈をまとめるなら、 安倍首相は 「軍が直接指示して、あるいは拉致・連行などして慰安婦を集めたという証拠が見つからない」というのだ。 だから、さらに調査をして、 正しい歴史を認識する必要がある、 という当たり前のことを言っているだけだ。 簡単にいえば、証拠を探せという話だ。 しかも、それを歴史学者にやらせろと言っている。 これも当たり前の話だ。 プロでないと判断できないような状況が山ほどあるからだ。 それに、政治家は捏造しますよね、いろいろな意味で。

ところが不思議なことに、 その調査をすると困る人が大勢出てくるらしくて、 真実を調査しようとすると、 一体どういう訳だか、 なぜか反対する人が大勢でてきて騒ぎになる。

先ほど、 そこは、史実に対するプロパガンダ、修飾、演出、捏造の氾濫する世界 だと書いた。 一例を紹介しておこう。 4月に、 ある新聞が、強制の証拠があったという報道を行った。 その中に書かれていた証拠の一つが「白馬事件」(あるいは、スマラン事件)と呼ばれているものである。 この事件は戦後すぐに裁判になって有罪判決が出た、有名な事件である。 つまり、2007年になって埋もれていた証拠が発見された訳ではなく、 何十年も前から知られている情報が今頃出てきたのだ。 このよう報道自体が、まず演出だといいたい。 この新聞の記事を見ると、確かに「新たに発見された」とはどこにも書かれていない。 しかし、 この事件を知らなければ、 新しい証拠が出てきたように誤解する可能性があるのだから。

ところで、既知の事件だということは、 当然、安倍総理もそれを知っているはずだ。 仮に本人が知らないにしても、 控えているブレインがそのあたりを詳細に調べた上で言っているということは間違いないだろうから、 公式には、本人が知っている状態だと考えて差し支えない。 その上で「証拠がない」と言っているのである。 この有名な事件は、強制連行の証拠ではないのか? Web には、これが強制連行の証拠だと主張するサイトが多数ある。 検索すれば簡単に見つかるはずだ。

皆さんは知らないかもしれないが、 政府、特に自民党の情報収集能力を甘くみてはいけない。 おそらく、そういうサイトのどこに何が書かれているかなんてことは、 全て洗い出していると思われる。 さらに、政府の怖いのは、非公開とされている資料や極秘情報も入手しているという所にある。 ではなぜ、明らかな証拠があるように見えるのに、 安倍首相は「証拠がない」というのか?

白馬事件にもいろいろな解釈があるのだが、 私は素人だし検証などする力もない。 ということで、うけうり100%なのだが、 それでもとりあえず私見を述べておく。 大雑把だが、 とりあえず、これは次のような事件だとする。

・日本軍占領下のインドネシアで、 軍司令部が自由意志の慰安婦を集めて慰安所を設置するように指示した。 当時の隊長はこの指示を無視して、 日本軍により強制連行されたオランダ人35人を含む慰安所を、 1944年3月に設置した。

・強制連行されたという訴えがあったため、 陸軍省は大佐を派遣し調査を行った結果、 強制連行の事実を確認した。 このため、これらの慰安所は同年4月末に閉鎖された。 しかし、当事者には何の処罰も行わなかった。

・1948年、この事件に対する軍法会議が行われ、11人が有罪となった。 責任者の少佐には死刑が宣告された。

「それは違う」という人もいるかもしれない、 というか、まあ確実に居るような予感がするのだが、 今回は史実を検証したいのではなく、 修飾、演出、捏造の氾濫する世界というのがどんなものかを説明するのが目的だから、 そこには拘らないことにする。 もっとも、真偽に関しては、私見としては、そう外した要約ではないと思っている。

繰り返すが、これは有名な事件だから、 私よりもよく分かっている人が詳細を検討しているはずで、 事実がどうなのか考えたいのなら、そういう書籍、サイトを直接見て、 自分の頭で考えてもらった方が安全である。 ということで、 今回は参考にしたサイトのURLもあえて示していない。

仮に上のような事実があったとすると、 それに対し、 ある人たちは、次のように主張するのである。

主張1
インドネシアを占領していた日本軍は、 1944年3月に、強制的に集めた女性を使った慰安所を設置した。 このとき、軍によってオランダ人35人が強制連行された。 戦後、この事件は裁判になり、有罪判決が下された。

これは先に示した解釈の一部を使って作っているので、 仮定した事実に対する何の矛盾もない。 すなわち、軍による強制連行があり、有罪判決も出ているから事実だ、という演出となる。 ところが、次のような主張も可能である。

主張2:
インドネシアを占領していた日本軍は、 1944年3月に、軍の上層部の指示を無視し、 当時の隊の判断で、強制連行した女性を使った慰安所を設置した。 強制連行されたという通報を受けた陸軍省は、 調査し事実を確認したので、これらの慰安所は同年4月末に閉鎖した。

こちらも元の情報の一部を抜き出して作られているので、 基本的に矛盾はないはずだが、 軍は強制連行をしないように指示していたのに暴走部隊が勝手にひどいことをした、 それを軍の上層部が取り締まって早期に解決した、という印象を与えるように作られている。

事実とされている内容から抜き出す情報の選択次第で、 これだけ正反対の印象を読む人に与えることができるのだ。 そして、従軍慰安婦の問題については、 この種の取り上げ方が、私の印象ではかなり多いような気がするのである。 恐ろしい世界だというニュアンスが分かっていただけただろうか?

事実は事実かもしれないが、 「真実はすべてでなければいけない」(レ・ミゼラブル)のである。

ただ、安倍首相は「強制連行の証拠がない」と言っているのだから、 この史実に関しては、 軍による強制連行というよりは、 軍の指示を無視した一部の軍人による犯罪、 という方向に寄った解釈をしているのではないかと思われる。

4. 日本はどうして死刑を廃止しないのか

かなり偏った私見を書く。 日本は140年ほど前まで武士が社会を支配していた(大政奉還は1867年)。 切腹という風習があったことはご存知だと思う。 自分の命を絶つということで、 ある意味名誉を保ち、同時に責任を負うという態度を示したのだ。

カムイ伝というマンガがあって、 外伝だったかもしれないが、 音也が「そのときは私が死ねばすむこと」みたいなことを言うシーンがある。 それに誰も反論しないというのが印象的だった。

先の白馬事件でも、 現場で慰安所の設置を指示したとされている人は、 判決前に自決しているらしい。 例えば、八甲田山死の彷徨、というノンフィクションがある。 映画にもなっている。 このときも、多数の死者を出した隊の責任者は自決している。

生命に対するそのような考え方、 つまり、最後は死をもって償うしかないという発想は、 日本人の頭の中のどこかに、まだ根強く生きているのではないだろうか?

特に当日の朝まで知らせないというような仕組みがあるにもかかわらず残虐な刑罰という認識はないのか。

星新一のショートショートに、 死刑囚は星に送られて、 いつ爆発するかわからないボタンを押さないと水が飲めない、 という話があるのを思い出す。 逆に尋ねたいのだが、 当日の朝まで知らせないのと、 今年の12月1日に処刑しますと予告するのとでは、 どちらが残虐なのだろうか?

5. 何故石原を選ぶのか

それは選んだ人に質問してみないと…まてよ、 いや、選びましたね、私も。 すみません。

って謝る必要はないか。 いやもう、日本人ってすぐ謝るのだから困るよね。

ということで他の人は知らないが、 私の理由を書いておく。 「他の誰を選んでも石原氏より酷い結果になるような気がした」のだ。 つまり消去法だ。

フランス語についての発言

それは何のことですか?

いや、フランス語に関する一連の騒動は知ってます。 ただ、これも具体的に指摘して欲しい。 何か安倍首相の話と同じ流れになってしまったようだが。

では問題ないというのか、 と言われたら、 そりゃまあないとは言わないが。 石原氏の毒舌は割と有名なことだし。 言い過ぎる傾向があるというのは否定しない。 で、どこが問題なのか分からないと答えようがない。 まず、石原氏の主張を私なりに解釈して要約すると、 次のようになる。

・石原都知事は、 フランス文学が好きで、フランス語が好きでしょうがない。 (だからフランス語の話がでてきた)

・ところが、数字の数え方のようにちょっと難しい所でひっかかってしまって、 そういう所からフランス語を敬遠されるという経験をしたことがあり、 それが非常に残念だと思っている。

・タヒチで使われているフランス語のようなやり方ができれば、 フランス語に関心を持つ人がもっと増えるのではないか。

まあ私の曲解なので、大違いかもしれませんが、 で、 この内容のどこがどう問題なのか知りたい。

いやそれ、報道とはかなり違いませんか、 とか言われても、 どの報道とか示してもらえないと何のことか分からないので困る、 というのはさっき書いたか。 もちろん、曲解と書いた通りで、 意図的に曲解しているわけだから、 報道とは違っているに決まっている。

慰安婦の質問のところで書いたように、 報道を鵜呑みにできない。 それは大前提にして欲しい。 この件は単にフランス語で数がどうだという問題ではなく、 東京都の大学にどう予算を割り当てるか、 という具体的に金銭が動く問題が絡んでいる。 すると、都知事なんて役職にいる人の言動は、 かなりバイアスをかけて報道される。 とにかく、マスコミはわざと誤解されそうな所だけ抜き出すことがあるので、 正しく判断するためには、 できるだけ原文に近い情報をgetして、 前後の文脈も考慮しなければ分からないと思う。

今回疑問を感じている留学生の方が、 何を聞いたのか分からないので反応しようがない所だが、 とりあえず、 例えば、東京都の公式サイトに、 記者に対するこの話題のインタビューが出ているのだが、 (石原知事記者会見録(平成17年7月15日)|東京都)、 もしこれを既に見ていたとしたら、 どの箇所に問題があると言いたかったのだろうか、 あるいは、 ここにはない何かを批判したいのだろうか?

ただ、本当に繰り返して言うけど、 私はインタビューの内容に問題がないとは言ってない。 とにかく言い方が過激すぎるし、 明らかに失言のような箇所も見受けられるし、 失言と言わないまでも、 こんな言い方したら損しそうだとか、 そういう。突っ込みどころがありすぎて何が何だか。 余談なんだけど、 一つ注目したいのは、 次の箇所。

ただ、本当に繰り返して言うけど、タヒチとか、かつてフランスの属領だったところ、 今でも植民地かな、 あそこに行くと原住民たちは実に合理的にフランス語を変えて使っていますよ。 セッタント、ユイッタントということはフランスでは使わないんだけどね。 私は、それが生きている言葉だと思うけどね。

(石原知事記者会見録(平成17年7月15日)|東京都(URLは本文中のリンクを参照)より引用)

ちなみに、スイスでもそのような使い方があるそうだが、 ソレはソレとして、 唐突に日本語の話をしたい。 最近の報道では、 小学生に漢字の読み書きをさせたら「八つ」が読めない小学生が結構いたそうだ。 「やっつ」と読むのが正しいのだが、 「はちつ」と読んでしまうというのだ。

この「はちつ」という発想、フランス語の問題に似てませんか?

「はち」に「つ」という振り仮名を付けたのだから 「はちつ」と読む、という理屈は筋が通っているし、分かりやすいし、 合理的である。 慣習として「やっつ」と読むことになっているからそう読むのだが、 日本語の数詞も実は結構難しい。 「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」…だけでなく、 「いちつ」「につ」「さんつ」…という読み方も許容するようにしたら、 世界が狭くなってきた昨今、グローバルに受け入れやすくなるのではないですか。 えーと、ダメすか。 そうですか。 すみません。余談終。

ところで、 国連の公用語は、英語、フランス語、 そしてアラビア語、スペイン語、中国語、ロシア語だ。 フランス語が採用されているのに、 ドイツ語は採用されていない。 国連に限らず、 国際機関の公用語としては、 ドイツ語、イタリア語、日本語は原則として採用されていない。

理由はご存知ですよね?

石原氏の発言には微塵も出てこないが、 フランス語に関する発言の裏には、 そこまで考慮する必要があるのではないか、と思ったりするのだが。 考えすぎかな?

6. 何故日本の選挙はここまで投票率が低いのか

3000人のアンケートをとれば日本国民の総意が推定できるという説もあるようだが…

自分が選ばなくても、 他の人が選んでくれるだろうと思っているとか? 最初の疑問にも書いたが、 日本人は、他の人と行動を合わせる傾向があると思う。 ということは、自分が投票しなくても、他の人が同じ人に投票すると思っているとか?

7. 日本人はNHKを公正と信じているのか

いやそれはありえねーだろ。

と思いたいところだが、結構いるのかも。 私見としては、紅白の結果見ただけでも「絶対ありえねー」と思っている訳で。

8. 何故大学生は勉強しないのか

これも極論しよう。 日本人は、大学に勉強しに行くのではないからだ。

じゃあ何しに行くのかというと、大卒という資格を取るためだ。 なぜ大卒という資格を取るのかというと、 例えば、就職したときの初任給が違うというような現実的な問題もあるけど、 日本人には他の人と行動を合わせる傾向があるからだ。

うーむ、このロジックは意外と便利だな、 何でも使えそうだ。

ここまで英語が出来ないのは何故か。

I'm sorry, I don't know.

程度なら誰でもイケそうだが、 TV番組の影響か何か知らないけど、 保育園の子供とか見ていたら「Ready? Go!」とか言っとるぞ。

日本語できれば英語が全くできなくても日本で生活できるし。 それに、意図しなければ全く使う機会もない。 そう言われてみると私も知りたい。 いや、私も「ここまで」に含まれているのかもしれないな、 と今少し思った。

でも少なくとも私はメールのサイズを「1000 byte」ではなく「1000 bytes」 と書ける程度には英語を使えるし(複数形は中学1年で習った)、 アダルトサイトへの大量の trackback 要求が edu 系のサイトからやってきたので 「ふざけんな、ヴォケ」(意訳)というメールを英語で送る程度は、 実際にした。 もっとも、全部無視されているのだが、実は全く通じていないからなのか。

日本のサイトを見ると、 複数形という概念のない英語を平気で使う人が結構いることが分かる。 複数形というのは確か中学1年生(英語の授業の最初の年度)で出てきた。 それが出来ないというのは確かに理解できない。

質問の項目は以上なのだが、 もう一つ本文中に出てくるのがある。

どうして日本人はここまで悪い政治に黙っているのか

ケースバイケースだと思うけど、 言っても無駄だと判断したら黙ってしまう傾向があるような気がする。 少なくとも、 フランスのように市民が立ち上がって革命を起こすようなレベルには、 まだ不満が至っていない。

極論好きなので、 また無茶なことを書いてしまうのだが、 そういう風に洗脳…というのは言いすぎか、何か植え込まれているのではないか。 つまり、 悪い政治に対しては、 スーパーヒーローが現れて「この紋所が目に入らぬか」と成敗してくれるとか、 スーパーヒロインがおしおきしてくれるとか、 何かそういうパターンが埋め込まれているような気がする。 例えば子供が見るテレビ番組に、 ウルトラマンとか、そういう「悪いものやっつける」系のヒーローアクションものがある。 あるいは、アニメとか見ても、 無茶苦茶強い正義の味方が出てきて、というパターンが多くて、 地味な民衆が蜂起して腐敗した社会を変える、 というのはあまりない。

という訳で、 日本人って結局、 そういうヒーローが助けてくれるのを永遠に待ち続けるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

究極5

コメントをいただいたのでそれにコメントしたのだが、2冊から1冊選ぶときに、どれとどれが似ているという比較ロジックではどちらかを選ぶことができない、という話。これは、1冊に対して他の全ての本との類似度を求めて何かの方法で足したり書けたりして数値化する、というアルゴリズムを考えれば、全ての本に機械的に値を対応させて順位付けできるかもしれない。現実的かどうかは知らないが。

人間の頭で考える場合にはもちろん非現実的だ。なぜなら、読むための本を選ぶためにあらかじめ全ての本を読んでおかなければならない。そういうことができるのなら、全部読めばいいみたいな。

> 「旧約聖書」「新約聖書」「旧新約聖書」みたいな関係の三冊の場合はどうするのですか?

多分、聖書物語とか、聖書のひみつ、みたいな本(があれば)を読んだ方がいいという結果が出るような気がした。あるいは、何でこれがというような全く違う本がたまたま似ているかもしれない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

他に書いたかもしれないがネタを一つメモっておく

究極の5冊というネタ。なお、この話は受け売りとかではなく、オリジナルである。多分。他で見たことないし。

世の中には本が非常に多数あって、もはや全部読むことは一人の人間が一生かけても明らかに不可能である。ただ、本に書かれていることは一冊ずつ全て異なっているとしても、実際は、内容が似通っているために、この本を読んでおけばこれは読まなくてもいい、というような本は結構あるものだ。

つまり、類似した内容の本が複数ある場合は、1冊を残して、それ以外を候補から除外することは可能だ。これで、その種の本は一応読んだとみなすのである。

内容がどの程度類似しているか、というのをゆるめていくと、読む候補の本の数はどんどん減っていく。そうやって、似ている本をどんどん除外していき、最後に、とりあえずこれだけ読んでおけば本は全部読んだことになる、というような本を絞り込んで、最後に残る究極の5冊は何か?

というネタなのですが、あなたなら何を選びますか?

このネタ、究極の5つのブログとか、究極の5曲とか、いろいろバリエーションが可能である。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クイズ番組の問題はその時の国民の学力を反映しているような気がするわけだが

この前のGWで見たミリオネアだったっけ、 みのさんが司会しているクイズ番組。 あのクイズの回答当ては結構ハマるという話を以前書いた記憶があるが、 ちらっと見たときに、 空海=弘法大師、を当てる問題があった。 ただ、それが確か賞金100万円の問題なのである。

私の記憶は不確かなのだが、 確か、空海が弘法大師だということは小学校の社会で習ったような気がするのだ。 つまり、この問題は私の感覚では小学生レベルだ。 というか、いくらゆとり教育だと言ってもだ、 中学校ではこれは出てくるだろう。 多分「宗派は何?」とか「寺院の名前は?」等が歴史のテストで出るはずだ。 あるいは最澄との対比を問うとか。

で、これが100万円の価値の問題だというのは、 「空海=弘法大師」ということを知らない日本人が殆どという世の中になったと考えるべきか、 それとも、100万円の貨幣価値が小学生クイズ程度だというのか、 どっちだろう。

仮に私が出題者なら、 100万円の問題のレベルは次の程度にはしたいような気がするが、 これだとちょっと難しいか。

「弘法も筆の誤り」という諺で有名な空海だが、実際に誤った字とされているのは何?

A. 法
B. 必
C. 応
D. 心

50:50 の場合は BとCを残す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やられたというかアニメが10分放送繰り下げになっている

ヒロイック・エイジが 1:30から、瀬戸の花嫁が 2:00 からなのだが、10分ずつ繰り下げになってしまったので、ヒロイック・エイジが 20分放送した所で切断されてしまい、瀬戸の花嫁はヒロイック・エイジがぶち切れたところで気付いたので、10分予約を繰り下げて対処した。

プロ野球が始まっていたというのにうかつだったが、プロ野球が不人気である理由の一つにアニメの放送時間をずらすから、というのがないだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

北極の氷が溶けたら海面は上がるのか下がるのか

Web で調べた感じでは、ほとんど変わらないという説ばかりなのですが、こじつけてみた。FPROG の IRC より。

1. 北極の氷が溶けると液体として存在する海水の量が増える。これが遠心力で赤道付近に流れ込み、赤道に近いところの海面が上がる。

2. 北極の氷は塩水ではなく水が凍ったものなので、氷が溶けると海水の塩分濃度が下がり比重が下がる。その結果、今まで海面上に浮いていたものが海底に沈むことになり、沈んだモノの分だけ海面が上がる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像をもう一枚

Dsc02291

画像をよく見ると虫とか写っていたりするのだが、撮影中には気付いていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像をやっとuploadできる状態になったということで

まあそのうちこの程度のサイズの画像だと小さいぞと言われるような時代になるのだろうと思いつつ。

Dsc02297

やっと ISO 800 程度で撮影するというワザを覚えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像を upload したいのだがAir Edge で接続しているので流石にそういうのは無謀ではないか

ということなので upload できないのだが、試しに無線LAN を検索してみると近くに3つのAPがあるようだ。Fon とか使えたら接続できるということだ(試してないが)。

ちなみにアジトにいたときにも無線LANのスイッチを入れてみたのだが、発見できなかった。電波到達範囲内には無線LANを使っている人がいないということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像シリーズは蛙ケロ

ケロなんてのはありふれてい過ぎているので何のことか分からないかもしれないが、シュガシュガルーンに出てきたデュークという凄い名前が付いているカエルのつもりで言ってるケロ。

Dsc02206

光学ズーム3倍で撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ISOを800にして撮影してみるとこうなる

この程度の差では違いが分からないというか、他の条件(例えば風速)の影響の方が大きいかもしれない。

Dsc02204

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレが気になるのでISO感度を変更して撮影してみた

今頃何を言ってるのだと思われると思うのだが、SONY の DSC-T30 のメニューを表示し、ISO の値を変更して撮影してみた。普段はオートで撮影しているのだが、これを 1000 (最高) にしてみたのがコレである。風が吹いているので花が揺れているのだが、何もしないのとは違うような気がする。

Dsc02203

ISO というのは昔は ASA と呼んでいたものだと思うのだけど、フィルム【謎】の感度を上げればシャッタースピードが速くなるだろう、ということで。マニュアルが手元でないので分からないのだが、もしかしてシャッタースピード優先で直接指定できるモードがあるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像はたんぽぽの綿毛

これはたまたまうまく撮れている。

Dsc02174


| | コメント (0) | トラックバック (0)

文章書くのが面倒だということではないが無意味に大きな画像

特に本文なし。というか、風が強いとブレるというのはシャッタースピードを変えたらいいのだと思うのだが、そのあたり全く考えずに撮影しているのでひどいものである。

Dsc02201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無意味に大きな画像を何となく1つ追加

風が強いのでピントが合わないというよりは被写体が動いてしまってブレてしまう。

Dsc02178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVでネットカフェ難民の報道をしていたのだが

コインロッカーの鍵を紛失して、何千円かかかってしまう。生活費を考えると痛い出費だという話。とことんツイてないということかもしれないが、所持金500円とか、日給で1万いくら稼いだとかいう状態で、なくしたら数千円かかってしまうコインロッカーの鍵を紛失できるという神経が理解できない。

いやまあ、それないと仕事できなくなってしまうAC電源忘れる私が言えたこっちゃないのかもしれないが。確かにそういう注意力だと雇ってもらおうとしても厳しいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古紙100%再生紙が環境にやさしくないと日本製紙が発表したのだが

古紙再生にエネルギーを使うのでかえって環境破壊になるのでは、という話は再生紙ブームが始まったときから言われていたことで、別に珍しくも何ともないのだが、強引にイメージ戦略を使って押し切ってきた業界が今になって環境にやさしくないと言い出したのは、何か問題が発生したのだろうか?

単に環境問題だけではそこまでやるとは思えないのだが、たとえば、再生紙は体に悪いことが分かったとか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »