« 他に書いたかもしれないがネタを一つメモっておく | トップページ | 留学生が日本をみて素朴な疑問を提示したというブログがあったのでトラックバックしようとしたがココからできないようなので一方的に書いてみたのだが »

究極5

コメントをいただいたのでそれにコメントしたのだが、2冊から1冊選ぶときに、どれとどれが似ているという比較ロジックではどちらかを選ぶことができない、という話。これは、1冊に対して他の全ての本との類似度を求めて何かの方法で足したり書けたりして数値化する、というアルゴリズムを考えれば、全ての本に機械的に値を対応させて順位付けできるかもしれない。現実的かどうかは知らないが。

人間の頭で考える場合にはもちろん非現実的だ。なぜなら、読むための本を選ぶためにあらかじめ全ての本を読んでおかなければならない。そういうことができるのなら、全部読めばいいみたいな。

> 「旧約聖書」「新約聖書」「旧新約聖書」みたいな関係の三冊の場合はどうするのですか?

多分、聖書物語とか、聖書のひみつ、みたいな本(があれば)を読んだ方がいいという結果が出るような気がした。あるいは、何でこれがというような全く違う本がたまたま似ているかもしれない。

|

« 他に書いたかもしれないがネタを一つメモっておく | トップページ | 留学生が日本をみて素朴な疑問を提示したというブログがあったのでトラックバックしようとしたがココからできないようなので一方的に書いてみたのだが »

コメント

いえ、その三冊の中で

> つまり、類似した内容の本が複数ある場合は、1冊を残して、それ以外を候補から除外することは可能だ。これで、その種の本は一応読んだとみなすのである。

を実行するとしたら、です。もしも「旧新約聖書一冊を選べばあとの二冊は(それに含まれているから)除外できる」という判断を採用する場合、一般の二冊の本に対しそれらを合本にした本をとって元の二冊は捨てる、ということが可能になります。すると、世界中の本を合本にした一冊を選べばよいということにならないでしょうか。

投稿: すのもの | 2007.05.10 12:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/15018858

この記事へのトラックバック一覧です: 究極5:

« 他に書いたかもしれないがネタを一つメモっておく | トップページ | 留学生が日本をみて素朴な疑問を提示したというブログがあったのでトラックバックしようとしたがココからできないようなので一方的に書いてみたのだが »