« NHKがカラ出張するための費用を国民が支払うことを義務付ける方向で某国与党が検討しているらしいが | トップページ | あっぱれご意見番168回を公開しました »

「-」の話についてまだまだ

全部同じ「横棒」にしてしまったら、耳で聞くときには困るのでは、というコメントをいただいたのだが、よく考えてみるまでもなく、横棒どころか今のままでも、耳で聞くときに困ることは結構ありそうな気がする。例えば、何かの視覚的区切りを目的として、

-----------------------------------------

みたいなことをしたりしませんか? もちろん HTML 的には HR タグを使うべきなのだが、メルマがでよくあるような気がしないでもない。

そういう意味ではレイアウトに TABLE を使うというのはどうなんだろ。裏ページトップみたいな。あのページ、多分誰にも意図が伝わっていないと思うが、3×3のエリアに分けて、左より右が難易度が高いサイト、上より下がソフトウェア系の話題寄りに、という構成にしてある。今、自分でも確認しないとどうだったか分からなかった位だから、本当に誰にも伝わっていないような気がした。

|

« NHKがカラ出張するための費用を国民が支払うことを義務付ける方向で某国与党が検討しているらしいが | トップページ | あっぱれご意見番168回を公開しました »

コメント

> メルマがでよくあるような気がしないでもない。

これ、わざとやってます? >「メルマが」

ハイフンについては、TeX の発想でゆくと、「一つならハイフンとみなす」「*個続いていたらダッシュとみなす」「**個以上続いていたら区切りとみなす」とかして読み上げるのでは?

投稿: すのもの | 2006.05.19 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/10136064

この記事へのトラックバック一覧です: 「-」の話についてまだまだ:

« NHKがカラ出張するための費用を国民が支払うことを義務付ける方向で某国与党が検討しているらしいが | トップページ | あっぱれご意見番168回を公開しました »