« 郵便局で郵便を預かっているというので配達時刻を指定したのだが | トップページ | 戸越銀座 »

例の郵便配達番号はよく見たら違っているということが分かったのだが

よ~く見てみたら、2通の通知書の番号がちょっと違うというのが分かった。一箇所だけ、数字が5と6という違いがあったのである。

じゃあこれは私のミスなのかというと、ミスには違いないのだが、ミスした上で開き直るのはいかがなものかと言われそうな気もするけど、ユーザーインタフェースの専門家的な立場から言わせていただくと、このヒューマンエラーは間違っても当然というレベルのものだと思う。本来は10人の被験者でテストしたら何人が同じだと思うとか、実験すべきなのだが、かなり間違える確率は高いと予想する。特にこの種の通知書の場合、殆どの記述が同一だと、残りも同一だと錯覚してしまうことがあるので。

この種のミスを避けるには、通知書の番号を同じにしてしまえばいい。2通あるから2通の通知書というのは処理としては簡単かもしれないが、現実的に、2通を同時に配達して同時に不在処理をしたのだから、一方だけ受け取りたいということは殆どあり得ないだろうし、あり得るとしても、2通持参して、片方受け取り拒否してもらった方がミスは少なくなるはずだ。

というか送る側も何考えてるのか知らないけど、1通で送ればいいような気がする。(送信者は同じなのである)

|

« 郵便局で郵便を預かっているというので配達時刻を指定したのだが | トップページ | 戸越銀座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/10278250

この記事へのトラックバック一覧です: 例の郵便配達番号はよく見たら違っているということが分かったのだが:

« 郵便局で郵便を預かっているというので配達時刻を指定したのだが | トップページ | 戸越銀座 »