« 古典的な… | トップページ | CMというのは冗談でしたがヒットしたのはMIFESで有名なあのMEGASOFTなのだ »

表現カというのが重視される傾向について多少は真面目に考えてみた方がいいと思た理由

google で検索したら結構多数ヒットするのが「表現カ」で、gooだと100件もないのに、どういうことかよく分からないのだが「表現」と「カ」に自動的に分けて検索してしまうのかもしれない。もちろん表現カといえば国語教育と密接に関係するから、

http://www.osaka-c.ed.jp/sunagawa/kyouikumokuhyou.htm

の国語科の達成目標に「表現カ」を育てるというのは理解できるが、表現カを育てるということと「明確な文章が正しく書ける」ということは明確に矛盾しているので何をしたいのか理解できない。この学校は他にも「学カ」を高めるということなのだが、それも矛盾していると思う。家庭科においては「問題解決の能カをつける」というのだが、解決しないだろ、そんなことでは。

面白いと思ったのは情報科で「日本語入カが自由に行える」というのが達成目標だというのだ。「日本語入カ」を目標とするのも珍しいかと思ってこれも goo で検索してみたのだが、驚きの検索結果は CM の後。

|

« 古典的な… | トップページ | CMというのは冗談でしたがヒットしたのはMIFESで有名なあのMEGASOFTなのだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/10091465

この記事へのトラックバック一覧です: 表現カというのが重視される傾向について多少は真面目に考えてみた方がいいと思た理由:

« 古典的な… | トップページ | CMというのは冗談でしたがヒットしたのはMIFESで有名なあのMEGASOFTなのだ »