« をっと肝心なことを書き忘れてしまった | トップページ | もうすぐ誕生日らしいのだが何か欲しいものはあるのかな »

棚の奥の方から賞味期限が2006年1月のカップうどん等が出てきたのだが

当然のごとく食べる。おそらく、期限が切れることによって酸化が進むとか、そういう話ではないかと思われるのだが、もしかして、脱酸素剤とか入れた箱で保存しておけば、この種の保存食品はより長い期間保存できるのだろうか、と思った。酸素がなかったら酸化は進みにくいのではないかと。

20060325-01

|

« をっと肝心なことを書き忘れてしまった | トップページ | もうすぐ誕生日らしいのだが何か欲しいものはあるのかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/9245981

この記事へのトラックバック一覧です: 棚の奥の方から賞味期限が2006年1月のカップうどん等が出てきたのだが:

« をっと肝心なことを書き忘れてしまった | トップページ | もうすぐ誕生日らしいのだが何か欲しいものはあるのかな »