« スキーの回転競技の旗の意味は? | トップページ | カボチャの馬車といえばシンデレラ »

一澤帆布がかなり大変なことになってきたようだが

一澤帆布の公式サイトを見ると分かりやすい。要するにお家騒動みたいな感じだが、ここのカバンを長年使っている一人としては、残念な話である。

もっとも、私の場合、ブランドとかロゴとかは別にどうでもよくて、その使い勝手というか、耐久性が気に入って使っているわけだから、別ブランドになっても同等以上の品質のものが get できるのなら一向に構わないのだが、世の中ではブランドとして通っているから、そう簡単にはいかないのかな。といっても、実はカバンに穴があいてしまったので修理して欲しかったりするのだが…。

知ってる人は分かると思うが、あのカバンに穴を開けるというのは並大抵の使い方ではないのだ。

まあでも、工員が分裂せず、片方だけを支持するというのは、構図としては分かりやすいと思う。

|

« スキーの回転競技の旗の意味は? | トップページ | カボチャの馬車といえばシンデレラ »

コメント

一澤帆布のサイト読みに行きました。なんかとっても感動しました。

投稿: jiangmin | 2006.02.26 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/8845424

この記事へのトラックバック一覧です: 一澤帆布がかなり大変なことになってきたようだが:

» トートバッグVol.2【一澤帆布】 [ミニマム 【minimum】]
一澤帆布のお家騒動でかばんの製造販売がストップするそうですね。 今回解任された前社長の一澤信三郎氏は、職人の大多数を連れて新ブランドのかばんを作るんだとか。このメーカーは、生産量をいたずらに追求せず、職人がひとつひとつ少量ながらも質の高いモノを作っていたんですが・・・こういった理由でこの稀有なブランドが危機に瀕しているのも見るのは、なんだか忍びないです。このバッグは6年位前に購入したものです。汚れもシ�... [続きを読む]

受信: 2006.02.27 23:19

« スキーの回転競技の旗の意味は? | トップページ | カボチャの馬車といえばシンデレラ »