« 金芽米のCM | トップページ | 一澤帆布がかなり大変なことになってきたようだが »

スキーの回転競技の旗の意味は?

旗が立ってるじゃないですか。選手はあれの左右を滑るというルールらしいが、どの選手も旗に体が当たっている。

実際に山を滑る場合、例えば木を避けながら走るというような状況であれば、木に当たったらアウトなわけで、木の左右を滑り抜ければいいというようなものではないはず。実は旗というのは単なる目印で、崖っぷちを滑っている、というような感じだろうか。

旗に当たると失格というルールにすると、かなり滑り方が変わりそうな気もするが、結局、旗から離れたところを滑るだけの違いで、旗の位置が変わるだけなのかもしれない。

|

« 金芽米のCM | トップページ | 一澤帆布がかなり大変なことになってきたようだが »

コメント

当たったかどうかにすると判定がむずかしくなる、ってことでしょうか。風でゆれたりしますし。

投稿: すのもの | 2006.02.26 08:39

最近は、当たるように変ったんですか?
踏み倒していくものだと思っていましたが。

投稿: もものき | 2006.02.26 21:47

今回のオリンピックはあまり観てないのですが、踏み倒すというよりコースアウト続出でよく分かりませんでした。

踏むとスピードが落ちるような気が。

投稿: phinloda | 2006.02.27 04:03

それはそうですね。傷ついてワックスどころでないかも。
可倒式のポールというのが頭にあって、当たるというよりはバシンバシンとなぎ倒していくイメージだったのです。
Wikipedia をみると、ひじだけでなくすねにもプロテクタをしてるそうで、すねで行くから踏んでるのに近いくらいの勢いで倒すんですね。

投稿: もものき | 2006.02.27 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/8837288

この記事へのトラックバック一覧です: スキーの回転競技の旗の意味は?:

« 金芽米のCM | トップページ | 一澤帆布がかなり大変なことになってきたようだが »