« ネタがないという訳ではないが時間がないので例によって大きな画像でお茶を濁すとかいう | トップページ | 例の耐震強度偽造事件の件だが »

裏ページにも書いたがピンポン玉が取れなくなった話

意外と難しい。ガラスのビンの口より微妙に大きな直径のピンポン玉を押し込んで入れてしまった。これをガラスを割らずに取り出すにはどうしたらいいか、という問題である。

|

« ネタがないという訳ではないが時間がないので例によって大きな画像でお茶を濁すとかいう | トップページ | 例の耐震強度偽造事件の件だが »

コメント

瓶を割ってはいけないなら、ピンポン球をつぶして…ってトンチ問題じゃないですね。

すぐに思いつくのは、やはり「炭酸水」「ドライアイス」「瓶を湯煎」とかの内部からの膨張系ですが、空気は結構圧縮できるから、実際上手くいくかどうかビミョーぽいような。

投稿: divine | 2005.12.07 10:25

うんと大きな壜なら中に Phinloda さんがはいってピンポン球を押し出す。ってのもだめですよね。:-)

球の周よりもやや小さな輪を糸で作り、その輪を三等分する点にそれぞれ長い糸をしばります。輪の部分を壜の中にいれ、輪に球がひっかかったところで三本の長い糸をひっぱって出す、というのを考えてみましたが、どうでしょうか?

壜に水を入れると、糸が壜の内側にはりついたり、球が浮いたりして、やりやすくなるかも知れません。(やりにくくなるかも知れません。)

糸を結ぶのがめんどうなら、二本の長い糸のまん中を壜に入れ、十文字に球にひっかけてひっぱり出せないか、とも。

あと、箸を突っ込むと、糸の輪などに球を乗せる際の手助けになるかも知れません。

投稿: すのもの | 2005.12.07 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/7505204

この記事へのトラックバック一覧です: 裏ページにも書いたがピンポン玉が取れなくなった話:

« ネタがないという訳ではないが時間がないので例によって大きな画像でお茶を濁すとかいう | トップページ | 例の耐震強度偽造事件の件だが »