« 裏ページにも書いたがピンポン玉が取れなくなった話 | トップページ | 涼風とシャナが重なって大変困りましたが »

例の耐震強度偽造事件の件だが

どうせ氷山の一角だろというか、民間のビルならまだしも、橋梁工事とかでこの種の工作が出てきたら凄いことになるので裏では必死の攻防が、みたいな妄想もしていますが、そういえば首都高の補強工事はいつまでやるつもりだろう、みたいな?

今探しているのは、今回の事件の発端になった建築士なのだが、初期の報道で「これ以外は偽装していない」というようなことを言ってたような気がする。それにしては疑惑建造物がどんどん追加されているような気がするのだが、その最初の報道が見つからない。「これ」というのが何件で、実際に発見されているのが何件なのか、ということが知りたいわけだが。まあどうでもいいといえばどうでもいい話だ。

|

« 裏ページにも書いたがピンポン玉が取れなくなった話 | トップページ | 涼風とシャナが重なって大変困りましたが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/7505217

この記事へのトラックバック一覧です: 例の耐震強度偽造事件の件だが:

« 裏ページにも書いたがピンポン玉が取れなくなった話 | トップページ | 涼風とシャナが重なって大変困りましたが »