« ダビング | トップページ | 選挙行ってきたけど投票用紙をおみくじ結びにして投票したら何かの罪になるのでしょうか »

日本語で書いてあるWebページの文字コードは今何が一番多いのだろうかと

テストケースを書いていて思ったのだが、ページをgetしてタイトルを抜き出す処理である。抜き出した文字列を UTF-8 に変換しなければならないのだが、私のページは Phinloda is here が JIS、裏表が EUC-JP なので、これはテストできる。ところが、Shift_JIS で公開しているページでタイトルが日本語のものがない。

そこで、Shift_JIS でタイトル日本語のページはどこかないか、という話だが、FPROG とかだともうすぐテストできなくなるのでダメだし、ふと思いついたのは、すのもののページである。すのものさんのサイトは google で「すのもの」で探せばトップに出てくるし、外から見るときも便利なのだ。ということで、テストに使わせていただいた。ちなみに、ほりもとあきら氏のページも確か Shift_JIS だったと思ったが、タイトルがアルファベットだけなのだ。

まあトップページにこだわる必要はないのだが。テスト用に自分でページ作るのがよさそうだ。

すのものさんで何故か思い出した全然関係ないネタ。この前、冬桜の紹介をTVで放送していた。その冬桜は秋に咲くというのである。秋に咲くのなら秋桜ではないのかと言ったら、「秋桜はコスモスだ」と速攻で突っ込まれて自爆するハメに。

|

« ダビング | トップページ | 選挙行ってきたけど投票用紙をおみくじ結びにして投票したら何かの罪になるのでしょうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/5871450

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語で書いてあるWebページの文字コードは今何が一番多いのだろうかと:

« ダビング | トップページ | 選挙行ってきたけど投票用紙をおみくじ結びにして投票したら何かの罪になるのでしょうか »