« 0/0 は最近 0 なのかという話で盛り上がっているらしいがそもそも最近のクイズ番組のレベルから考えるとがんばっている方ではないかと思うわけで | トップページ | ベビースターそば »

国士舘の話、忘れそうなのでメモっておこう

昨日書いた、高校野球が面白いという話。「国士舘延長を制す」というページからトラックバックもいただいたので、忘れないうちに書いておきます。

10回表の国士舘の攻撃である。

まずノーアウトでヒットがでて、1塁。これがなかなかバントで送れないのだが、あまつさえ、牽制球で挟まれてしまう。普通ならこれでダメかと思うところだが、何と守備がミスったために挟まれたランナーが逃げ切って2塁に行ってしまう。

このランナーがゴロで進塁して1アウト3塁に。次の打者はどうするのだろーか。スクイズでとにかく勝ち越すのか、とか思っていたら、ぼてぼてのゴロ。それもホームと3塁の途中で止まってしまうような当たりのゴロである。コミックアフタヌーンに連載中の「おおきく振りかぶって」というマンガに、泥でぬかるんだ所に打つというシーンがあったが、今日は雨で試合中断した位だから、そのような状況になっていたのだろうか。とりあえず、3塁ランナーは走ってもよかったと思うのだが、あえて走らず、これで1アウト1・3塁。

次の3番打者が三振。これで普通なら2アウト1・3塁で天理が有利なのだが、何と1塁ランナーが走ったのである。キャッチャーは慌てて2塁に送球。間に合わずセーフになる。ランナーの足が速いのだ。

しかもそれだけではない。実はこれがダブルスチールで3塁ランナーも走っていた。ホームもセーフで1点追加。

この後、4番がきっちりタイムリーを2塁打を打って2点目が入る。4番打者、予選ではあまり当たってなかったという解説だったと思ったけど、間違っていたらすみません。とにかく4番がいい所できっちり仕事するのが流石である。

確かその次だったと思うのだが、ここも微妙に間違っているかもしれないが、とりあえず書いておく。次の打者はライト前にヒット。ここでランナーがホームに帰ってきた。この試合の一番の見所である。

どうみてもアウトのタイミングのいい返球、というかランナー無理しすぎ。何とか回りこんでホームにタッチしようとしたが、少し逸れ過ぎてしまって、ホームを触れない。キャッチャーがミットでタッチしてアウト。審判もアウトの判定である。

ランナーはしまったという感じで、 _| ̄|○ というポーズだった。で、ひょいと顔を上げたら、なぜかあっちの方にボールがころがっているのをハケーン。キャッチャーがタッチした後のモーションが派手すぎて、ボールがこぼれてしまったのだ。

これを見たランナー、慌ててホームにタッチする。キャッチャーも慌ててボールを拾ってタッチしようとするが、間に合わない。審判は判定を訂正してセーフに。こういうドタバタはドカベンにはよく出てくるけど、本当の試合ではあまり見た記憶がない。

|

« 0/0 は最近 0 なのかという話で盛り上がっているらしいがそもそも最近のクイズ番組のレベルから考えるとがんばっている方ではないかと思うわけで | トップページ | ベビースターそば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/5343630

この記事へのトラックバック一覧です: 国士舘の話、忘れそうなのでメモっておこう:

» 甲子園国士舘高逆転勝ち&日ハム完封負け [芥川彫金工房☆TV・映画小道具紹介HP]
今日も真夏日でした。蒸し暑い日が続きますね。アトリエ・SHOPでNHKの甲子園を見ながら仕事していました。第3試合の国士舘高VS天理高の試合が1番見たくて仕事を早めに進めていました。序盤は天理高のペースで手堅くバントして確実に1点を取る野球でした。でも...... [続きを読む]

受信: 2005.08.07 08:21

« 0/0 は最近 0 なのかという話で盛り上がっているらしいがそもそも最近のクイズ番組のレベルから考えるとがんばっている方ではないかと思うわけで | トップページ | ベビースターそば »