« てなわけでまた移動 | トップページ | デジャブ? »

いやそんな深い意味はないのだが造反して「まさかこんなことになるなんて」と語った議員のシナリオを知りたいものだと

能勢和子前衆院議員の話である。郵政民営化法案に反対したために自民党から公認されないことになり、選挙には立候補しないことになったのを、「まさかこんなことになるなんて」と言ったらしいのだが、ちなみに、だったら一体どういうことになるシナリオを想定していたのだろうか、というのが想像できないのである。

例えば、法案に反対しても解散は有り得ないし、公認されないこともない、と考えたのか。報道ではそういうことになっている。としたら、なぜそういう考え方をしたのかというのが分からない。第三者として単純に考えるなら、党の方針に反対したのだから除名、というのは最もありそうなシナリオだ。これを想定していれば「公認されない」というのはまだ甘い現実ということになる。法案否決なら解散、というのはかなり前から言われていたシナリオで、小泉氏の今までの行動からみてブラフに終わることは有り得ないという見方をするはずだから、そう考えなかったというのは、他に何か情報を掴んでいたというか、掴まされていたのではないかと思うのである。

|

« てなわけでまた移動 | トップページ | デジャブ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/5457029

この記事へのトラックバック一覧です: いやそんな深い意味はないのだが造反して「まさかこんなことになるなんて」と語った議員のシナリオを知りたいものだと:

« てなわけでまた移動 | トップページ | デジャブ? »