« 書評: ソフトウェア職人気質 | トップページ | あついですねぇ »

みずほ銀行の行員はサービスが何たらというバッチを付けていたが本質的に昔と何かも変わっとらん罠というかあれではやはり客は逃げるというか逃げた

ずいぶん前から持っているかどや製油の株、どこかのIT企業とは違ってちゃんとまともに配当金が出る。これを受け取るのが大変で、この前、青山支店にいった。待ち人数は5名。

これが全然進まない。10分ほど待ったところで、これでは約束に間に合わないと思ったので、キャンセルして出てきた。まあ8月までに引き出せばいいのだ。

そして昨日、貸し金庫に用事があったので渋谷支店に行ってきた。今度は待ち人数が2人である。ラッキー。

10分ほど待ったところで、行員が、窓口にいるお客様に「お座りになってしばらくお待ちください」と言った。これで諦めが付いたので、キャンセルして出ることにした。案内の人に「三井住友銀行はどこですか?」と聞こうかと思ったがかろうじてやめた。確か、西武の1Fがそうだったはずだ。

さて、その後も書いておかないと不公平だろ。三井住友銀行は記憶通りの所にあった。2F まで階段で上がるというのはちょっとキツいが、待ち人数は2名か。ただ、みずほ銀行は、窓口に6~7名の行員がいたのに、こちらは二人しかいない。それぞれ、別の係になっているらしく、実質、払い出し窓口の担当は1名である。ところで、配当金を受け取るのに、何か書かなくてもいいのか?

これは案内に立っていた人に聞いたのだが、特に書くものはないということなので、そのまま待っていた。というのは、みずほ銀行の場合、受け取りのためには支払い請求書というのを書かされるのである。三井住友銀行だと何も書かなくていいから、その分楽だということ。

で、結局、2分ほど待ったら私の番になったのだ。支払いもスムーズにいって、1~2分程度のものだったと思う。つまり、10分で出てきたのは多分正解だったのではないか。

教訓。三井住友銀行の方がいい。

まあ蛇足しておくと、みずほ銀行の渋谷支店というのは、以前どこかに書いたと思うが、新規口座を作ろうと思って行ったらあまりに待たされるので途中で出てきて、結局、何となく通りがかった新生銀行に口座を作ってしまったという、あの渋谷支店である。もしかしたら、同銀行の中でも群を抜いて窓口処理が遅いのかもしれない。少なくとも、下北沢支店で、そんなに待たされた記憶はないのだが(もちろん、多数待ちの時は別だが)。

|

« 書評: ソフトウェア職人気質 | トップページ | あついですねぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/4993744

この記事へのトラックバック一覧です: みずほ銀行の行員はサービスが何たらというバッチを付けていたが本質的に昔と何かも変わっとらん罠というかあれではやはり客は逃げるというか逃げた:

« 書評: ソフトウェア職人気質 | トップページ | あついですねぇ »