« 書くことがない… | トップページ | 六本木まで歩いたら坂が結構きつかった »

プリントしている途中に紙が切れた罠

まあ紙を足せばいいのだが、プリント用紙はガレージにあったりするので夜中に、しかも雨が降っていたりすると取りに行くのが非常に面倒でモチベーションも下がっていく。たまたまそこにあったコピー用紙の束を発見したので、何とかなった。

黒の次はマゼンタのインクが少なくなっているという警告が。マゼンタって何だろ、リンクの色とかで使うのかな? いや、年賀状の印刷とか、そっちの方で色分布が偏っていたか?

|

« 書くことがない… | トップページ | 六本木まで歩いたら坂が結構きつかった »

コメント

プリンタのドライバによっては、カラー印刷の場合に黒を黒インクではなく3色混合(謎)で出す場合もあるようです。

今私が自宅で常用(?)しているのはCanonの950iなんですが、コレは6色機なので、当然インクタンクも6個あります。
Canonの場合、警告が出てから実際無くなるまで結構な枚数刷れたりするので、常に6色のうちどれかが警告状態だったりします。
警告の無い状態の印刷中画面をしばらく見てないような気がする(^^;

投稿: <セルダン> | 2005.07.11 16:38

3種混合(違)で出した黒というのは黒インク相当の色に見えるのでしょうか、というのが気になりましたが、人間の目ではわからない?

投稿: phinloda | 2005.07.12 05:00

良く見比べたらわからないでもないかもしれません。
って、わかるんだかわからないんだかわかりませんが(^^;

プリンタヘッドの位置調整がズレてると、端の方で色ずれがあったり、インクにもよりますが、真っ黒と言うより若干グレーっぽかったりするので、良く見ればわかります。
わかりやすくするなら、わざとヘッド調整をずらして印刷してみるとか。

投稿: <セルダン> | 2005.07.12 16:06

黒インクより黒かったら面白いかと思ったのですがなかなか難しいですか。

投稿: phinloda | 2005.07.15 03:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/4900609

この記事へのトラックバック一覧です: プリントしている途中に紙が切れた罠:

« 書くことがない… | トップページ | 六本木まで歩いたら坂が結構きつかった »