« 六本木まで歩いたら坂が結構きつかった | トップページ | カナブンよりもごめんなさいの由来は? »

ユーザビリティと時間

時間がないと言ったのは宗方コーチだが、ユーザビリティの本を見ていると、毎日数分の節約でナニという話が出てくる。毎日数分といっても積もるもので、金額に置き換えて評価できないような日常生活においても、これは重要。使いにくいシステムとかパソコンを使うことで、毎年どの程度の時間を損しているか、という話だ。

この歳【謎】になってくると、僅かな時間でも惜しいという気がしてくるのだが、実際、最も時間あたりの価値が高いのはハイティーンあたりの時代ではないだろうか。その頃は意外と時間に無頓着に生活してしまうものなのだが。定期テスト直前は別としても。

|

« 六本木まで歩いたら坂が結構きつかった | トップページ | カナブンよりもごめんなさいの由来は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/4935701

この記事へのトラックバック一覧です: ユーザビリティと時間:

« 六本木まで歩いたら坂が結構きつかった | トップページ | カナブンよりもごめんなさいの由来は? »