« カナブンよりもごめんなさいの由来は? | トップページ | 上から見たらどうよという話は危ないですかそうですか »

「じゅうかいきぶんせき」を変換したらIMEは十回忌分析と変換してくれるのだがそれは「じっかいき」というかそもそも十回忌ってナニ?

三回忌、七回忌、十三回忌…という感じかと思ったら、十回忌、九回忌、八回忌なんかも変換できる。もちろん「じっかいき」も変換できるのだが、十回忌というのが十・回忌と区切られて変換されるのではなく一文節として変換されるというのがよく分からない。

もっとも、千回忌とか万回忌も変換できるのは分かるとして、兆回忌というのはやりすぎだと思う。

|

« カナブンよりもごめんなさいの由来は? | トップページ | 上から見たらどうよという話は危ないですかそうですか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/4949117

この記事へのトラックバック一覧です: 「じゅうかいきぶんせき」を変換したらIMEは十回忌分析と変換してくれるのだがそれは「じっかいき」というかそもそも十回忌ってナニ?:

« カナブンよりもごめんなさいの由来は? | トップページ | 上から見たらどうよという話は危ないですかそうですか »