« じしんだ | トップページ | Bフレッツの工事があるのだろうか? »

マンガ喫茶のごあいさつ

私はドトールとか「ごゆっくりどうぞ」と言われたら本当にごゆっくりするタイプなので、形式的な挨拶というのが通用していない訳だが、そのあたりがおかしいのか。

というのは、マンガ喫茶の料金は、基本的に1時間いくらとか、10分いくら、という感じで従量制になっているのだが、例えば日中や深夜だと、に3時間でいくらとか、5時間でいくら、という感じでかなり割り引いている料金体系がある。

そこで、例えば日中2時間分の料金で3時間使える「デイパック」を注文した場合、だいたいokなのだが、最後に「ごゆっくりどうぞ」と言われる。制限時間が決まっているのに「ごゆっくり」というのはおかしいのでは? もちろん、ゆっくりしていたら超過料金が加算されるので、店としては「ごゆっくり」して欲しいのかもしれないが。

|

« じしんだ | トップページ | Bフレッツの工事があるのだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/4636742

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ喫茶のごあいさつ:

« じしんだ | トップページ | Bフレッツの工事があるのだろうか? »