« バーミヤンという中華レストランではなぜかチャーハン大盛り不可だというのを忘れて入ってしまった後に恐ろしいことをしてしまった罠 | トップページ | どうやってドリームジャンボを買ったかという肝心な話を昨日書き忘れていた罠 »

揃いの番号はなぜ吉なのか、というタイトルにしようと思ったのだが666というのは昔から不吉だったかも

最近はフリートークCで一人chat【謎】しているのだが、それとは全然関係ない話で、また宝くじを買ってしまった。といってもドリームジャンボであるから恒例である。ロト6は、このところキャリーオーバーが出ないので買っていない。で、この宝くじを買うときに、前の人が結構時間をかけていたので、宝くじを買うときにも番号を気にするのか、と再認識したとか。

ナンバープレートとか、3333 みたいな連番にしている人がいるのだが、確かに覚えやすいというメリットはあると思うわけだが、7揃いが多いというのはフィーバー【古】とかの由来なのだろうか。ラッキー7といっても、揃ったらパワーアップという発想がどこから来ているのかというのが気になる。

33組というのは偶然。切符は単なるお守り。

20050605-01

|

« バーミヤンという中華レストランではなぜかチャーハン大盛り不可だというのを忘れて入ってしまった後に恐ろしいことをしてしまった罠 | トップページ | どうやってドリームジャンボを買ったかという肝心な話を昨日書き忘れていた罠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/4414365

この記事へのトラックバック一覧です: 揃いの番号はなぜ吉なのか、というタイトルにしようと思ったのだが666というのは昔から不吉だったかも:

« バーミヤンという中華レストランではなぜかチャーハン大盛り不可だというのを忘れて入ってしまった後に恐ろしいことをしてしまった罠 | トップページ | どうやってドリームジャンボを買ったかという肝心な話を昨日書き忘れていた罠 »