« 調べてみると2004年10月22日から毎日書いていることが簡単に確認できた | トップページ | ヤマダ電機のポイントカードを落とした罠 »

続柄をTVで「ぞくがら」と読んでいたのだがそういう読み方は昔からあったのだろうか

「つづきがら」の話である。私の記憶が確かなら、国語のテストで「ぞくがら」としたら不正解にされたような記憶があるのだが、goo国語辞典とか見ると「ぞくがら」という読みも書いてあった。単なる記憶違いで、昔からそういう読み方があったのか、それとも最近(といっても、ここ20~30年の間?)そのような読み方が定着したのだろうか?

最近は「虞」を「恐れ」と書いてもいいらしいし。昔は「虞」と「恐れ」は意味が違ったのだが、まあ確かに20年というか、1世代程度の時間が経過すると、言葉の意味は変わってくるものである。

|

« 調べてみると2004年10月22日から毎日書いていることが簡単に確認できた | トップページ | ヤマダ電機のポイントカードを落とした罠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/4145788

この記事へのトラックバック一覧です: 続柄をTVで「ぞくがら」と読んでいたのだがそういう読み方は昔からあったのだろうか:

« 調べてみると2004年10月22日から毎日書いていることが簡単に確認できた | トップページ | ヤマダ電機のポイントカードを落とした罠 »