« 恋するプログラム | トップページ | 並行処理の鉄則というかUML的には join に続く処理は入力側の処理が全て終わっていて欲しいのだが »

chatで出ていた杜子春の話を少し

とりあえず「簡単リンクくん」でリンクしてみたりするのだが、杜子春である。この話は既に知っている人が多いと思うのでネタばれだがストーリーの概略をおさらいしておくと、杜子春という人が仙人になろうとして失敗するという話だ。

ということで chat で投げた疑問は。

・杜子春は母親を助けたつもりになっているが、実際、結果的に母親の願いを無残にもブチ壊しているような気もするわけだが、それで本当にいいのか?

・鞭打たれているのが親じゃなければいいのか?

まあこの話、せっかく大金貰ったのに運用できずに無一文に逆戻りということで、もともとフィナンシャルプラニングのセンスのない人間が仙人になるというのも無理なのだという無茶苦茶なオチでもいいような気もする。

※ 2011-09-24 追記。「簡単リンクくん」は bk1 というサービスが提供していたブリーダープログラム(アフィリエイト)用リンク作成ツール。bk1 がブリーダープログラムを終了することになったので Amazon に差し替えた。

|

« 恋するプログラム | トップページ | 並行処理の鉄則というかUML的には join に続く処理は入力側の処理が全て終わっていて欲しいのだが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: chatで出ていた杜子春の話を少し:

« 恋するプログラム | トップページ | 並行処理の鉄則というかUML的には join に続く処理は入力側の処理が全て終わっていて欲しいのだが »