« ライブドアのパブリックジャーナリストの研修の終了証書が送られてきたがイマイチ締りがないような飢餓 | トップページ | 突然のメール申し訳ございません。 »

渋谷に警官が多数いるのは何か事件でもあったのだろうか

とはいっても例のパブリックジャーナリストに認定されたから早速記事を、なんてノリにはならない。事件だと危ないから逃げあるのみ。「逃げる」がポリシーである。もっとも、そんなに危険な雰囲気ではなかった。というか、何なのかよく分からんです。

渋谷に来たのはDVDを返却しなければならないからだが、ついでに調べたいものとかあったので。相変わらずH"は遅くて、さっきは rimnet からメールを読むときによほど遅かったのか、DELE が実行できなかったとか表示されていた。まあいいけど。

livedoor の例の件、投稿要領がメールに書いてあったが、実際、そういうのがニュースになるのだろうと思う。どの程度書いて、採用された場合にどの程度ポイントがもらえるのか、という話。しかし、メールの内容を勝手にオープンにしたらジャーナリストの倫理に反するというのが教科書的行動なのだ。というか、livedoor に投稿するのだから、オープンにしちゃいけないなら没になるだけだ罠。というかそんなの書いてる暇がないというのが現実だったりするが。優先順位的には「萌えるC言語」(仮称)とか。1バイトも書いてないですけど。

で、私はUI系がアレなので気になるのだが、livedoor 的にはパブリックジャーナリスト(あるいはジャーナリズム)をPJと略すことがあるのだが、そのように略記するということはどこかに書いてあっただろうか、というのが今頃気になった。

|

« ライブドアのパブリックジャーナリストの研修の終了証書が送られてきたがイマイチ締りがないような飢餓 | トップページ | 突然のメール申し訳ございません。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/2689535

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷に警官が多数いるのは何か事件でもあったのだろうか:

« ライブドアのパブリックジャーナリストの研修の終了証書が送られてきたがイマイチ締りがないような飢餓 | トップページ | 突然のメール申し訳ございません。 »