« SHIBUYA TSUTAYA は Wカード半額キャンペーン明日まで | トップページ | 小説というのは書いてみないと分からないテクニックがたくさんあるということを今知った »

渋谷駅ハチ公口(?)の自動券売機で不審な人物を目撃した

なんてことを書いたらミニ危険が及びそうなのでパブリックジャーナリストになれても記事も書かずば撃たれまいというか連絡がないのは試験に落ちた罠? いつまでたっても合格しないとか教材が50万円するという系ではないのだが、それはおいといて、手口は簡単、例の券売機の釣銭出口にガムを貼り付けるというものである。切符を買ったらお釣りが出てこなかったので、出口に指を入れるとガムが張り付いていた。このガムの硬さがアレだったので考えてみると、一つ前に並んでいた小柄で灰色のジャケットを着ていた人が、何も買わずにすぐに券売機を離れたというのがどうも怪しい。

指突っ込んで張り付いていたコインを回収したので釣銭は騙されなかったが、この券売機、「呼び出し」を押しても一向に駅員が来ない。なるほど、釣銭ドロにはもってこいの駅なのである。他の駅だと、警備の人が見回っていて、ガム技をチェックしているところもあるのだが、ここは野放しなのだろうか?

|

« SHIBUYA TSUTAYA は Wカード半額キャンペーン明日まで | トップページ | 小説というのは書いてみないと分からないテクニックがたくさんあるということを今知った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/2664698

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷駅ハチ公口(?)の自動券売機で不審な人物を目撃した:

« SHIBUYA TSUTAYA は Wカード半額キャンペーン明日まで | トップページ | 小説というのは書いてみないと分からないテクニックがたくさんあるということを今知った »