« 探し物が | トップページ | 夢と現実世界がリンクすることがある »

livedoor のパブリックジャーナリストのアレに行ってきたぞ

04:30頃までchat していた訳だが、朝08:45に集合なので 07:00に起きて、ゴミの日だから雨の中ゴミ出して、コンビニ寄って早めに行ったとです。六本木ヒルズはセキュリティが凄いので遅刻したら入れなくなるし時間厳守って言うじゃな~い?

担当の社員の某さん、いきなり遅刻ですカー。残念~! 4分遅刻斬り~~!!

まあ冗談はおいといて(冗談ではないが)、随分不手際がいいと思っていたら、やはり初回の研修だったようだ。裏ページのdraftには書いたが公開するソフトが全然完成しないからここにも書いておくけど、資料が3部あるときは最低限でも資料取らせるときに「3部あります」と言うものだ。1部しから取らなかった人が結構いた。それ見て私も取りにいったのだが。

パブリックジャーナリストの規約は livedoor のサイトに掲示されているのだが、一つ気になるのは、記事の署名がどうなるか、ということである。パブリックジャーナリストというのは、livedoor と契約する訳ではなく、単にフリージャーナリストが livedoor に記事を投稿した、という扱いになる。しかも、職業がフリージャーナリストというのではなく、その他大多数の一般市民(?)が記事を書くことになる。これが大手マスコミと決定的に異なる。

そこで署名に実名を書くとどういうトラブルが発生するのか。昔、パソコン通信というメディアがあった頃、混沌の廃墟にてというコラムに「安易な実名発言は無責任ではないか (1)」「安易な実名発言は無責任ではないか (2)」を書いた。これはパソコン通信の会議室の話だが、Web ページもその性質上、当然同じことが成り立つ。見る人の広さという意味では、より強く成り立つと考えるべきであろう。

ということで、実名で署名させるのなら、住所氏名、電話番号も公表すべきだと思う。もちろん、それによって放火されたり、いやがらせの出前が100人前届くというようなリスクも発生するが、それは個人の自己責任ということで仕方ない。

|

« 探し物が | トップページ | 夢と現実世界がリンクすることがある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/2587860

この記事へのトラックバック一覧です: livedoor のパブリックジャーナリストのアレに行ってきたぞ:

» ライブドアPJニュースが反論! [仮想的現実な日々]
私はライブドア パブリック・ジャーナリストとして時折ライブドアニュースに記事を寄稿している。 それゆえ、他人事ではない記事を紹介する。 -以下、... [続きを読む]

受信: 2005.03.25 19:01

« 探し物が | トップページ | 夢と現実世界がリンクすることがある »