« 蜘蛛を助けたらきっといいことがあるに違いないという伝説 | トップページ | “おやき”というのは信州の郷土食として有名なものだ »

粉雪という酒がgoogleで検索しても全然出てこないと書いたら何故か永谷園のたらこ系の記事がヒットするようになった罠

永谷園のラインナップにたらこ系はあるのかと尋ねられて即答できなかった罠を表示すると、最初に前後の記事のリンクがあって、一つ前の記事へのリンクの名前が粉雪という日本酒がある筈なのだが検索してもちっとも出てこない罠だから、永谷園の方がヒットする、というのは一応分かるとして、肝心の前の記事がヒットしないというのが謎。google は最近外すようになったのか?

後で調べたので続報。七賢という7種類の生酒で有名な山梨銘醸株式会社の本醸造にごり酒である。同サイトの種類図鑑の最後のページに出ている。ちなみに、google でこの本家ページがヒットしないのは、多分、同ページには「粉 雪」のように間に空白が入っているからだと思われる。残念~! 空白斬り~!!

同ページによれば、

上槽せず蔵出しそのままの素朴な味わい。力強い甘味の次に、旨味のある適度な酸味が表れるにごり酒です。

とのこと。ラベルには「やや辛口タイプ」と書かれている。超飲みやすい系で、飲ませる【謎】のにはおすすめではないかと。

|

« 蜘蛛を助けたらきっといいことがあるに違いないという伝説 | トップページ | “おやき”というのは信州の郷土食として有名なものだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/2474889

この記事へのトラックバック一覧です: 粉雪という酒がgoogleで検索しても全然出てこないと書いたら何故か永谷園のたらこ系の記事がヒットするようになった罠:

« 蜘蛛を助けたらきっといいことがあるに違いないという伝説 | トップページ | “おやき”というのは信州の郷土食として有名なものだ »