« 知らない人から @homepage 雪祭りというメールが来たので spam かと思って削除してしまう所だった罠 | トップページ | 蜘蛛を助けたらきっといいことがあるに違いないという伝説 »

gooが発表した2004年検索キーワードの19位にgooというキーワードがあるのだが

gooが2004キーワードランキングを発表している。ベスト3がYAHOO、2ちゃんねる、Google、というのは goo的にはかなり頭痛いような気もするが、よく分からんのが19位の「goo」である。google で goo を検索するというのは分かるが、gooでgooを検索する人の目的は、一体何か?

もちろん「gooについて書いているサイト」を知りたい、というニーズはあるかもしれないが、gooでYAHOOを検索する人って、99%が YAHOO のURIを知りたい、ってことだと思う。だとすれば goo の URL を知りたいので goo で検索する、というのはかなりナンセンスな訳で、実はキーワードランキングのページにもこの件について書かれている。要するに謎らしいのだが、それによれば、goo で検索した人が、その結果のページのどこをクリックしたかというと、64% が http://www.goo.ne.jp/ をクリックした、というのだ。つまり、元に戻ってしまうのである。

実は誰かオートパイロットでループさせた罠? カウントは多くなりそうだが、3人しかいませんでした、みたいな。

|

« 知らない人から @homepage 雪祭りというメールが来たので spam かと思って削除してしまう所だった罠 | トップページ | 蜘蛛を助けたらきっといいことがあるに違いないという伝説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/2463620

この記事へのトラックバック一覧です: gooが発表した2004年検索キーワードの19位にgooというキーワードがあるのだが:

« 知らない人から @homepage 雪祭りというメールが来たので spam かと思って削除してしまう所だった罠 | トップページ | 蜘蛛を助けたらきっといいことがあるに違いないという伝説 »