« ココログとJugemの一騎討ちかと思ったらナンートmixiが参戦したでキュー | トップページ | mixi のトラブルについて些細な疑問 »

記事の締め切りとかナニなのでそれどころではないような飢餓

Ameba Blog の(途中略)だと思たの続報というか、本日で終了だというので、もはや記事一つしかない状態になっているようだが、タイトルに興味あることがサラっと書いてあるので、それについて考えてみた。

> これ以上もめるのはやめてください。それと、人のブログのことを悪く書くのはやめてください。ネット上でのルール、守りましょうよ。

というのである。このブログはもう消えるそうなのでどうでもいいが、一般論として。モメるのは止めろと。いい言葉だ。宮沢賢治氏も言っている。ツマラナイカラヤメロと。ただ、氏はそういう人になりたい、と書いたのだから、実は言っていないのかもしれない。なりたくてもなれない、ということはよくある話だ。

とはいっても、モメるのは原因があるからだ。当たり前の話。その原因が一体どこにあって、どうすべきだったとか、あるいはどうしようもないかとか、そういう事実を分析することは、コミュニケーション論として有意義であると思う。そういう点から考えると、どこでモメているのか知りたいものだが、一体どこでモメているのかさっぱり分からんのは残念だ。

次に、人のブログのことを悪く書くのはやめろと。あくまで一般論だが、悪いブログを悪いと書くことの一体何が悪いのか、と反論されたらどうしようか。蛇足かもしれないが、そのブログが悪いと言っている訳ではないので、念の為。

ブログに限らず、インターネットという場の最も大きなメリットは、一次情報を発信者が出し、アクセスする人がそれを直接受け取ることができる、という所にあると思う。あるブログがいいのか悪いのか、それが個人の主観に左右される以上、そのような感性の結果が出てくることは避けられない。そこから先どうするか、というのは議論が錯綜する筈で、例えば、マナーで縛るべきだという考え方もあるだろううし、どんなのが出てきても受け止めるのは書く側の義務だという意見もあるだろうし、まあ難しい話にはなりそうだが。

ネット上でのルールというのは何を指しているのかよく分からない。ネチケットを守ろうとか、そういう当たり前のことを言っているのなら別に異議はないが、一般論として、コメントやトラックバックが多数付いているサイトが、サイトを開く側の一方的な判断でいきなり消滅する、というのはどのように理解されるのだろうか? @nifty系の話題として、Webフォーラム化の話が出ているのだが(既に話題のピークが去ったという声もあるようだが)、それって結局ttyからみたら消滅系の話になる訳で、反応がどうなのかというのは気がかりである。いや、どこのフォーラムとは言わんけど。

もっとも既に破滅しているという声はありますが。

|

« ココログとJugemの一騎討ちかと思ったらナンートmixiが参戦したでキュー | トップページ | mixi のトラブルについて些細な疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/2161890

この記事へのトラックバック一覧です: 記事の締め切りとかナニなのでそれどころではないような飢餓:

« ココログとJugemの一騎討ちかと思ったらナンートmixiが参戦したでキュー | トップページ | mixi のトラブルについて些細な疑問 »