« LEDを使ったナツメ球を買ってきた | トップページ | NHKの特番の視聴率は関東地区で6.5%だった罠 »

NHKが不祥事の弁明のための番組を長時間に渡って放送したそうだが大晦日にやれば視聴率稼げたのではないだろうか

いや私は見ませんというか見る暇ないけど。なぜか大晦日は歌番組と格闘技になっているのでは、とか勝手に想像したりするのだが、作業予定スタックが溢れ過ぎなのでテレビ見ている場合ではない状況になっているのではないかと思われる。

「皆様の受信料」でそういう番組が作れるというのがNHKっぽくてgoodだと思うのだが、そういえば、渋谷にあるNHKのビルというかスタジオというか広大な敷地、「皆様の受信料」を払っている皆様は知っているのだろうか? 行ったことのある人なら、どうしてこういう無駄遣いができるのだ、という所で4000万円ですか、そういう不祥事なんてどうでもいい話になりそうな気がするのだが。

個人的には、NHKには、少し前に、これからはデジタル放送だという時代になぜかアナログのハイビジョンですか、それに固執して強引に現在のBSになったという経緯と、それに関する金の流れを知りたいような気もするが、まあそれもどうでもいい話かもしれない。何かあったとしてもどうせ回収不可能だろうし。

インターネットの出現で、既に無線による公共放送というのは存在意義が失われているのだと思う。

|

« LEDを使ったナツメ球を買ってきた | トップページ | NHKの特番の視聴率は関東地区で6.5%だった罠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/2320168

この記事へのトラックバック一覧です: NHKが不祥事の弁明のための番組を長時間に渡って放送したそうだが大晦日にやれば視聴率稼げたのではないだろうか:

« LEDを使ったナツメ球を買ってきた | トップページ | NHKの特番の視聴率は関東地区で6.5%だった罠 »