« タイソン負けたのカー | トップページ | Fedora Core2 »

萌えなら分かるといっても@niftnyだと会員規約に違反していいのかという話が出てしまう罠

最近 FPROG の chat で話題になっている、「はじめての迷惑メール対策」の中級編、「萌えなら分かる? 迷惑メール対策」に、

>ホームページを持っている人でメールアドレスを表示しています?
>すぐにやめましょう。メールアドレスを収集してるロボットがあなたを狙っています。掲示板もそうです。メールアドレスが漏れる原因です。

と書いてある。

こんなのはかなり昔から常識で、最近は企業サイトでもメールアドレスを書いていない所がある位だ。もちろん問い合わせ拒否というのではなく、この種のサイトは問い合わせがフォームを使ったページになっている訳だ。

メールアドレスを公開すると spam のターゲットになる。もっとも、どれ位なるかというと、私の場合は一日数十通程度で、まだそんなに大したことない。むしろ、その半分がウィルスというのが問題かもしれない。

だったらメアド書かなきゃいいだろ、と思うかもしれないが、@nifty でホームページを作る場合には、会員規約でトップページにメールアドレスを記入することを義務付けている。会員規約違反はいきなり退会になっても構わないという契約だから書かないのはヤバいのではないかと思っていたが、@niftyというかNIFTY SERVE というのが最初からそういうポリシーのサービスで、例えば「売ります買います」という掲示板には電話番号を書くのを義務付けている(今も?)というのが有名。セールスとか犯罪に使われる原因になるからよくないと最初から指摘しているのだが、ニフティ的にはそういうのは構わないらしい。実際に脅迫電話みたいなのを受けてみればどの程度の脅威か分かる筈だが、まあ大したことはない。むしろ深夜の連続無言電話に困る程度の話だ。それイヤだから「売ります買います」は使ったことがない。ということは、イタ電は多分名簿から漏れたのかな。そういえば最近セールス、自宅にかかってこなくなった。

これもchatで教えてもらったが、SYSOPの実名、IDリスト、検索したら出てくるということで、今もWebで出回っているわけだが、ニフティが強制しているから仕方ないと諦めている。もっとも、データ古杉。まあ個人情報漏れるのイヤなら、SYSOPみたいなのはやらない、ホームページ作らない、というのが安全だ。私なんかそういうの平気だからドメイン取っている位だ。

個人情報出るとどの程度リスキーか具体的に考えてみると、今までパソコン通信時代から数えると十数年ネットやってるけど、家に火を付けてやるとか、殺しに行くとか、そういうの言われたのはどちらも1度しかないし、実際、放火されなかったわけだし。確率的にはそう簡単に生命の危険に結びつくことはないと思う。パソ通でマジで放火事件になったというのは報道で1度見たことがあるけど、それ以外には聞いたことがないなぁ。

|

« タイソン負けたのカー | トップページ | Fedora Core2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萌えなら分かるといっても@niftnyだと会員規約に違反していいのかという話が出てしまう罠:

« タイソン負けたのカー | トップページ | Fedora Core2 »