« Jugem が負荷対応のため新規ユーザー登録を一時中止した | トップページ | 今頃何ですがパンを買いに行ったら食パンがなかった »

書評: 数学マジック

数学マジック

MATHEMATICS, MAGIC AND MYSTERY
マーティン・ガードナー著
金沢養 訳
白揚社
ISBN4-8269-5103-5

トランプを使ったマジックとか、図形の面積を使ったトリックが紹介されている。Martin Gardner 氏といえば、 Scientific Americas の連載で有名な人で、著書多数。どれも面白い。私が記憶に残っているのは、ライフゲームの話なのだが、当時はパソコンがKBオーダーのメモリしかなかった時代で、今なら、ライフゲームなんてのも、壮大な盤面で高速に計算してしまうのだろう、とか思ったりする。

Tic-tac-toe の自分で学習するマッチ箱とか、いろいろコンピュータに使えそうなネタもあるのだが、この本は、特にマジックに関係したネタが集められている。タイトルは数学となっているが、算数程度の知識で分かるはずのものが多い。でも、よく考えないとハメられる。

※8/30追加。ライフゲームとかTic-tac-toe の話はこの本には出てきません。別の本です。誤解されそうな気がしたので追記しておきます。

|

« Jugem が負荷対応のため新規ユーザー登録を一時中止した | トップページ | 今頃何ですがパンを買いに行ったら食パンがなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評: 数学マジック:

» マーチン・ガードナー [出張アイテム]
Tic-tac-toe の自分で学習するマッチ箱とか、いろいろコンピュータに使えそうなネタもあるのだが、この本は、特にマジックに関係したネタが集 [続きを読む]

受信: 2004.08.30 14:29

« Jugem が負荷対応のため新規ユーザー登録を一時中止した | トップページ | 今頃何ですがパンを買いに行ったら食パンがなかった »