« OpenOffice.org 1.1.1 日本語版の謎 | トップページ | ImageStation »

TDKのDVD-R120F 1~4X でPSXに録画したデータのダビングを行う方法のメモ

録画成功して後で観る時にはデータが壊れる某メディアとは違って品質はいいのだが、PSXでダビングすると失敗することがある。もっとも、この場合、メディアには何も書かれていないので、未フォーマットDVD-Rとして再利用できるのだが、再度そのメディアでダビングすると今のところ成功確率100%だ。

最近はこういう手順でダビングしている。

1. TDK DVD-R120F を PSX に挿入する。
2. ダビングを実行する。メディアが入っているのを確認して○ボタンを押せ、と表示される。
3. ○ボタンを押す。チェックが実行されて、データ選択画面になる。
4. ×ボタンを押してダビングをキャンセルする。
5. メディアを取り出す。
6. 再度メディアを挿入する。
7. 以降は普通の手順でダビングを実行。

これも今のところ成功確率100%である。しかし何で?

|

« OpenOffice.org 1.1.1 日本語版の謎 | トップページ | ImageStation »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/678115

この記事へのトラックバック一覧です: TDKのDVD-R120F 1~4X でPSXに録画したデータのダビングを行う方法のメモ:

« OpenOffice.org 1.1.1 日本語版の謎 | トップページ | ImageStation »