« @homepage の容量確認 | トップページ | とりあえず喫茶店入ったら書いてみる »

千代大海の引き技

大相撲はいまいち盛り上がらないという説もあるが、3/6の千代大海の引き落とし技は超危なかった。ビデオで確認して足の裏が一瞬の差で残っていたということで軍配差し違えの勝利となるわけだが、物言いというのも相撲の見所の一つだと。

一般的には、引き技はよくないというのが定説のようである。これに対して、今日の相撲中継で解説していた錣山親方(字はあってるのか?)が、押し相撲の力士には引き技も技術の一つと言い切っていたのが面白い。他ならぬツッパリの寺尾の言うことだから、説得力というか真実味がある。確かに、おもいっきり突進してくると思い込んでいる相手が引いたら威力は倍増するわけで、千代大海、なかなか横綱にはなれないが、投げ技とか身に付けて横綱になるのでなければ、引きをマスターするというのは最短の戦略かもしれない。

もっとも、観る側にとっては、一瞬で決まってしまう立会い直後の引きというのは、いまいち面白くないかもしれないが。自分的に応援している力士の一人の闘牙。引きにこだわって、ツッパリ+引きの闘牙として定評をgetした。最初はさんざん言われたが、最近は闘牙の引きは一流という評もあるようで、同感である。

|

« @homepage の容量確認 | トップページ | とりあえず喫茶店入ったら書いてみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/335505

この記事へのトラックバック一覧です: 千代大海の引き技:

« @homepage の容量確認 | トップページ | とりあえず喫茶店入ったら書いてみる »