« 焼酎 | トップページ | BGM: 東京ミッドナイト ロンリネス »

大相撲

朝青龍が全勝優勝ということで、ライバルの琴光喜は直接対決で勝っていたら決定戦まで持ち込むことが出来た訳だから惜しいと。今の力士で朝青龍とマトモにやって勝てそうなのは琴光喜しかいないか。大関は名前ばかりでそれほど強いのはいない。しいて言うなら魁皇かもしれないが、怪我がどうしても治らないのだろうか、実力を出し切るような場所をここ最近見た記憶がない。琴光喜も怪我で随分厳しい状況が続いたわけだが、そろそろ上に向かう準備が出来たか。

印象的なのが14日目の朝青龍vs千代大海戦。千代大海はランキング的には大関だが、突き押ししか技がないので、本来そんな所にいるのはおかしいと思う。要するに、立会いで変化したら割と簡単に勝てるのだが、なぜか相手の力士が立会いで変化しない。ヘンな話だ。千代大海相手には変化してはいけない、という暗黙のルールがあるように見えるのは私だけだろうか。しかも、相手の力士が千代大海の突き押しを止める力を持っていたら、もうどうしようもない。現役力士でいえば、魁皇、武双山あたりは、マトモにぶつかって突き押ししても動かないわけで、従って勝てない。今日の相撲も、魁皇に止められた後、魁皇必殺の右手を殺したのはよかったが、そこから後何もできない。結局、右手なしで魁皇に負けている。

で、昨日の試合だが、朝青龍はマトモに千代大海の技を受けたばかりか、突き押しに対して突き押しで応戦した。ツッパリは朝青龍も得意技である。で、千代大海、突っ張られて負けた。朝青龍は、捕まえてしまえばまず確実に勝ちだと思うのだが、あえて突っ張って勝つというのがヨコヅナというか、強さupしているような気がした。

フランスの誰かが「相撲は知的スポーツではない」と言ったとか言わないとか、最近話題になっていたようだが、勝者インタビューで「どういう所を工夫したか」とインタビュアーが質問しているのに「前に出ることだけ考えた」みたいな答えしか出てこないというのは、どこが知的だといわれても仕方ないと思った。もちろん、実際は相手力士の傾向と対策というか、そういう準備はしていても、具体的な話をするのは不利だから、というのはあるのでしょうが。

|

« 焼酎 | トップページ | BGM: 東京ミッドナイト ロンリネス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3035/136071

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲:

« 焼酎 | トップページ | BGM: 東京ミッドナイト ロンリネス »